スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハリー・ポッター』~シリーズを読み終えた感想~

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)
(2004/09/01)
J.K.ローリング

商品詳細を見る

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
(2006/05/17)
J. K. ローリング

商品詳細を見る

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
(2008/07/23)
J.K.ローリング

商品詳細を見る




ついに、全部読み終えました。
世界中でブームを巻き起こした、壮大なファンタジー『ハリーポッター』。
今になってという感もありますが、とにかく読み終わった今の感想を。

私がハリーの第一巻を読んだのは高校生の時。
まだそれほど読書にはまっていたわけではありませんでしたが、それでもかなり夢中で読んだ記憶があります。
それから、新しい巻が発売される度には夢中になり、そして次の新作を心待ちにしていました。

が。。。
この不死鳥の騎士団でぴたりとそれは止みます。
どうもこの巻から空気感が変わったよう。
私は何かそれがイヤで、途中で読むのを止め何年も放置してきました。

それから事あるごとに気になってはいましたが、2週間ほど前、ふと思い立って再びチャレンジしてみることに。
以前読んだときのように、ある時点まではなんだか嫌な感じがして、面白いとは感じられませんでしたが、そこを過ぎると、徐々にのめり込んでいき。。。
結局最終巻まで、一気にはまって読了することができました

私が、この『不死鳥の騎士団』でなぜ引っかかったのか。
当時はよくわかりませんでしたが、今読んでみるとハリーの成長に関係あります。
なんというか思春期真っ盛り。始終ハリーはいらいらツンツンしており、まこと不愉快な感じ。
当時の私は(自分もそんな感じがあったので)それが嫌に感じて読むのをやめてしまったのでしょう。
『不死鳥の騎士団』も改めて読んでみると、それは人が成長する上で、必要な過程を描いているのだなとしみじみと感じたり。
これまではただ単にファンタジーとしか見てきませんでしたが、ここに来て青春小説のような要素も感じたり。
純粋なファンタジー的な面白さは、私にとって少し薄れた感もありましたが、それでも読んでいると魔法の世界にとっぷりと浸かり、一日の疲れを忘れるぐらい良い時間をすごせました。

全巻読了して、やっぱり最後まで読んで良かったとつくづく思います。
巻が進むごとに、それぞれのキャラクターの人間臭さのようなものがでてきて、逆にそれがキャラクターへの愛着にも繋がりました。
清廉潔白なものなんていないし、人を愛せば憎みもする。失敗するし、悲しいことだけれども死んでしまうものだっている。だからこそ、キャラクター達の行動に読者はワクワクするし、共感して楽しみ、悲しみ、そして喜べたのだと思います。

個人的には、ずっとスネイプ教授が気になっていました。
ああいう、ダークヒーロー的なものに惹かれる性質がありますね(ちなみにドラコは最初から小物っぽさが漂っているので例外)。
最後の最後まで何をしでかしてくれるのか。。。十分に読者を惹きつけて、そしておいしいところをかっさらっていったような気がします。
多分、あの結末がスネイプというキャラクターを一番輝かせる形だったのだなと。全巻を通じて、一番じーんときました。
最後まで、スネイプを信じていて良かった。。。


ハリーポッターシリーズを途中で諦めた人もけっこう多いと思います。
しかし、もし第三巻ぐらいまでは読み進められたならば、是非とも最後まで読んで欲しいです。
最後まで読むことで、見えてくる良さっていうのはもちろんありますし、なによりもったいないような気がします。
途中でやめて、何年も放置したからこそ言えますが、今の心境は最後まで読んで、本当に良かった。。。です。
もし、読もうか読まないか迷っている人がいたならば、ぜひ読んでみてください。


関連記事
『ホビットの冒険 オリジナル版』~2013年一発目は岩波ファンタジーで~
スポンサーサイト
プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。