FC2ブログ

『夜と霧 新版』~絶望的な状況で何を見出すか~

ドキュメント
04 /19 2013
夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る


ナチスドイツの強制収容所で、収容者は何を思い、感じ過ごしたか。
絶望的な状況において、人は希望を持つことは可能なのか。
実際に収容者として、その状況を乗り越えた著者による記録。

著者のフランクル氏は心理学者であり、その見地から強制収容所の様子を書いています。
具体的に収容者はどのような心理プロセスを経るのか。そのような中でどうやって自分を保っていくのか。
体験者としての生々しさ、そして学者としての客観性が、当時の用を描き出しています。

食事もろくに与えられずに日々激しい労働を課せられる。
体調を壊そうものなら、即ガス室送りという死と隣り合わせの日々。
想像するのも恐ろしいような状況下が、数十年前に実際に存在したかと思うと、背筋が凍る思いです。

一番感じたのは、人間って強いなってこと。
常識ならば、生きていかれないほどの劣悪な環境。身体的にも精神的にもどん底の状況、しかも救いは見えない。
そのような中でも、人間は生き抜いていくし、見出すべきものが見つかるというところがすごい。

この強制収容所で生き残った人々は、運がよかっただけなのかもしれない。
しかし、それだけではない、重要なものがこの本に刻まれています。

とことん奪われて、奪われて、それでも最後に残っているもの。人間たらしめているもの。
それはひとかけらの良心であるし、前向きな姿勢なのかもしれない。
あるいは、意地のようなものかも。
奪われ尽くされているからこそ、見えてきた真の人間性が垣間見えるようです。

また、その中でも絶望に捕らわれ、生きる意欲をなくす人もでてきます。
そうした時に、著者のフランクルは心理学者の立場としてどうしたか。
視点の変換や、価値観の転換など。そのどれもが絶望的な状況下でおこなわれたということ。
いろいろと削ぎとって、本当に生きることだけを見据えた時に何が見えてくるのか。
万人にとって非常に重要な事柄が込められていました。

私は今回初めて読んで、もっと早くにこの本に出会いたかったと思いました。
もちろん、今読んでも胸に来ること、考えさせられることはたくさんありますが、もっと感受性の強い中学生や高校生の時に読んでおけば、もっと違う受け取れ方がしたでしょう。
『夜と霧』の中には、人間らしさがでてきます。それは良い面だけでなく、残虐な面も。
両方の面があるからこそ、生きるということを主題に置いた時に何が必要なのかも見えてくるはずです。

一度だけでなく、何度か読みたい本。もう数年経ったとき、この本からさらに何を受け取れるか。
私がどれだけ成長できるのか。それが楽しみ。


関連記事
『もの食う人びと (角川文庫)』~どんな世界にだって食はつきまとう~
『神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く』 ~イスラム社会の性~
日本の、とある街角 『釜ケ崎有情 すべてのものが流れ着く海のような街で』

スポンサーサイト

『ちょっとピンぼけ (文春文庫)』~ロバート・キャパの手記~

ドキュメント
11 /01 2012
ちょっとピンぼけ (文春文庫)ちょっとピンぼけ (文春文庫)
(1979/05)
ロバート・キャパ

商品詳細を見る



戦場の空気を伝える者

スペイン内乱からインドシナ戦線まで五つの戦場の写真を撮ったキャパ。誰より勇敢で誰より戦争を憎んだキャパ。これは彼の心の叫びを綴った恋と従軍の手記である(内容紹介)


●とても、非日常

史上、最も有名な戦争カメラマン、ロバート・キャパ。
死と隣り合わせの戦場において写真を撮り続けた、彼の手記。

酒と博打と、その合間に戦場。時々恋愛。
そんなサイクルで描かれるキャパの手記です。

キャパといえば、有名な写真は「共和国軍兵士の死」でしょうか。
兵士が銃で撃たれた瞬間を写したやつ。
ちょうど、生と死の間。撮されたその時、彼は生きているのか死んでいるのかわからない。
その表情も、なんともつかない曖昧なもの。
深く考えさせられる写真が印象的でした。

この手記は、第二次大戦の頃のもの。
ノルマンディー上陸作戦に従軍した話など、その場のリアルな空気が伝わってきます。

全体としてひょうひょうとした文章なれど、逆に時折見せる恐怖感などからは、戦場の狂気が漂ってきます。
ノルマンディーでのキャパ。とある一瞬のうちにものすごい恐怖に襲われ、最終的に気絶。

地獄の只中のような状況下で、文化的いとなみである写真を撮るという仕事。
戦場において、どこかアウトサイダーな存在。
パラシュート降下作戦に同乗したキャパと兵士との会話の中で、そのことが色濃く表されている場面もあります。

戦場に行くことを拒否する選択しも持ちながら、今そこにいるキャパ。
戦場に行きたくなくとも、拒否権なく、今そこにいる兵士。

「因果な商売」って言葉がありますが、戦場カメラマンもそのひとつか。
戦場という賭場で、命を賭けて撮る写真。
良いのが撮れれば金になり、行き過ぎると死ぬ商売。

ちょっと、毒っけと刺激と哲学性のあるような、そんな本です。


関連記事
著作、チェ・ゲバラ  『革命戦争回顧録』

『神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く』 ~イスラム社会の性~

ドキュメント
09 /02 2012
神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く (新潮文庫)神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く (新潮文庫)
(2010/04/24)
石井 光太

商品詳細を見る


硬く閉ざされたベールの奥に


(「BOOK」データベースより)
イスラームの国々では、男と女はどのように裸体を絡ませ合っているのだろう―。「性」という視点からかの世界を見つめれば、そこには、性欲を持て余して戒律から外れる男女がいて、寺院の裏には神から見放された少女売春婦までがいる。東南アジアから中東まで旅し、土地の人々とともに暮らし、体感したあの宗教と社会の現実。戦争報道では分からない、もう一つのイスラーム報告。

「新潮文庫の100冊」収録



●未知なるイスラムの性

イスラムという言葉でイメージするものの中で、女性が顔を隠すというのがあります。
夫以外には顔を見せない。肌も露出しない。
非常に性に対して厳粛な宗教というイメージ。

そんなイスラム教を信仰する国々では、性に対するあつかいはどのようになっているのか。
現地を取材した著者が、タブー視されている世界を解き明かします。

いままで考えていたイメージが一変するような内容。
イスラム国家内での性というものが思っていたよりも乱れているという事実。

売春婦や男娼が街で客引きをするという光景。
売春宿も存在し、「春を売る」という行為が存在しているということに驚かされます。

●生きるための性

しかし、そこで働く女性達の背後に隠れているものは、国家規模の問題。
戦争、紛争、飢餓、差別。。。
故郷を追い出されたり、貧困のために自らの体を売るという選択肢以外、選べない人々。
国家がどうあれ、法律がどうあれ、宗教がどうあれ、そこで生きていかねばならない人々の凄まじさが垣間見えます。(『もの食う人びと』が食を通して世界を見るのならば、こちらは性を通して世界が見えてきます)

また、その性を売る年齢層の低さ。
まだ10代になったばかりの子ども達まで、体を売っているという事実。

目を背けたくなるような悲惨な事実。
大人たちから求められることによってしか、自らの価値を見出せない子どもなどもでてきます。
そんなことが現代社会においても存在するということに、世界の格差を思い知らされずにはいられませんでした。

●何か考えずにはいられない

こういう本を読まなければ、解からなかった世界の実像。
世の中、本当に綺麗でもないし、問題は山積みで存在している。
そんな中、無力ではあるけれど、個人として何ができるのか。

たとえば、コンビニのレジにある募金かもしれない。
ほんの少し、お釣りを入れてみる。1円からでも良い。
我々にとっては、ほんの少しかもしれませんが、それが積もり積もって、世界の貧困問題解消につながるかもしれない。

日本という、少なくとも物質や制度に恵まれた国にいる我々は、何ができるのか。
なんだか、色々なことを考えさせられる本。
世界はまだまだ良いほうに変わらなきゃならないと強く願う。


--------------------------------------------
一夫多妻制などについての実情なども載っています。
今まで、ハーレムのようなものだと思っていましたが、実際はもっとシステムとして必要なもののようです。

厳しい環境で男達がどんどん戦争にとられていくような国で。
独身の女性が容認されないような差別の厳しい国で。
結果として導き出された相互扶助のシステム。

これもまた、考えさせられる問題でした。


関連記事
『もの食う人びと (角川文庫)』~どんな世界にだって食はつきまとう~
日本の、とある街角 『釜ケ崎有情 すべてのものが流れ着く海のような街で』

『もの食う人びと (角川文庫)』~どんな世界にだって食はつきまとう~

ドキュメント
08 /21 2012
もの食う人びと (角川文庫)もの食う人びと (角川文庫)
(1997/06)
辺見 庸

商品詳細を見る



生きて食うことの凄まじさ


人は今、何をどう食べ、どれほど食えないのか。人々の苛烈な「食」への交わりを訴えた連載時から大反響を呼んだ劇的なルポルタージュ。文庫化に際し、新たに書き下ろし独白とカラー写真を収録。(出版社/著者からの内容紹介)

「発見!角川文庫祭り2012」収録


●食文化とは違うなにか

陳腐な言葉かもしれませんが、凄まじい。
日本しかしらない私にとってはショックが大きく、揺さぶられる本でした。

著者が世界をめぐり、その土地に住まう人とその食をルポしたもの。
紛争地、チェルノブイリ、スラム、刑務所、僻地などなど・・・
様々な人種、境遇の中で食を通じて世界をえぐり出すといった印象をうけます。

人は、生きるために食う。
世界どこにいても、どんな悲惨な境遇でも同じ。
それは残飯であるかもしれない、救援物資かもしれない、野山のものかもしれない。
その食事は決して、安全とは言い切れない。しかし食う。
人のしぶとさと悲しさの様々な局面が入れ替り立ち替り見えてきます。

●文化を破壊する食も

ジャングルの奥地に住む原住民が、自然災害のために暫定的居住地に住まうことになったという話。
救援物資などによって、近代文明の味に慣れていき、その部族の独自の文化がどんどんと破壊されていく。
あるいは、それを受け入れることができず、体を壊すものもでてくる。
登場した部族の長老がネスカフェを愛好しながらも、森の生活に戻りたいと願う心。
仮に、戻れたとしても一度染み付いた文明のシミはかつての部族の平穏を取り戻す障害となることでしょう。

フィリピンでの悲劇の話。
日本軍が人肉食を行なったという暗い歴史。そしてその犠牲となった原住民の気持ち。
「生きる」という前では、人は何でも食べることができるのか。
割り切れない複雑な感情が押し寄せてきます。

●「食う」を改めて考える

体当たり的な取材といいますか。腹を割った取材といいますか。
とにかく、すべてが生々しい。
一緒に食を囲むこと、すなわち人と交わること。
食べることと生きることの結びつきの強さというものをものすごく感じる内容です。

まったく、綺麗事など無い世界の姿。
ここに救いはないのかと、ショックを受ける描写の数々。
そのリアリティーを前にして、あらためて「食う」ということを見つめ直させられる本でした。


関連記事
日本の、とある街角 『釜ケ崎有情 すべてのものが流れ着く海のような街で』
著作、チェ・ゲバラ  『革命戦争回顧録』

日本の、とある街角 『釜ケ崎有情 すべてのものが流れ着く海のような街で』

ドキュメント
03 /23 2012
釜ケ崎有情 すべてのものが流れ着く海のような街で釜ケ崎有情 すべてのものが流れ着く海のような街で
(2012/02/17)
神田 誠司

商品詳細を見る


人を思うって、こういうことかもしれない。


おカネがなくとも日本で一番幸せな人たち!感動のルポルタージュ!大阪「あいりん地区」の絆。(「BOOK」データベースより)



●釜ヶ崎とは

大阪府大阪市西成区に位置するあいりん地区、通称「釜ヶ崎」。
日本有数の日雇い労働者の街として有名な地区です。
過去に暴動が起こったこともあり、一般的に恐ろしいと思われているところ。
釜ヶ崎有情』は、そこで生きる人々を追ったルポタージュです。

ここに出てくる人は職種も様々。
漫画家、牧師、僧侶、経営者、アーティスト、etc…
どの人も釜ヶ崎に根ざしながら、生きる人々です。

●釜ヶ崎で生きる人々

私も、釜ヶ崎といえば怖いイメージしかありませんでした。
しかし、本書からは、人間味と人情味で支え合う、コミュニティーの本来の姿のようなものが見えてきます。

支える人も、支えられる人も。
それぞれに事情があり、双方が影響しあい、助け合いながら成長していきます。

お互いに、苦しみや悲しみを知っているからこそ、人とのかかわり合いの幸福もよく知っているのでしょう。
それは、べたっとした人間付き合いではありません。
ある種さっぱりとした、一つの理想的な人との関わり方があるように思えます。

●なかなか報道されない、日本の側面

また、『釜ヶ崎有情』からは日本の貧困の負の面がリアルに伝わってきます。
路上生活者が多く、彼らの中には路上死する方も多いそう。
福祉サービスがあっても、それを知らない人が大勢いるというのも現状です。

彼らを助けるために、NPOやボランティアの方々は日々働いています。
しかし、まだまだ法的や経済的に立ち行かないというのも事実。
貧富の差という問題を深く考えさせられます。

私たちが、普段メディアで目にするものは、社会のほんの表層にすぎないかもしれません。
日々のニュースやバラエティーではとりあげられない日本の現実。
知ることは、何かにつながるきっかけになります。

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。