FC2ブログ

『罪と罰〈下〉 (新潮文庫)』~有限の神経質~

ドストエフスキー
03 /12 2013
罪と罰〈下〉 (新潮文庫)罪と罰〈下〉 (新潮文庫)
(1987/06/09)
ドストエフスキー

商品詳細を見る




(※ほんのちょっぴり、ネタバレを含みます)

『罪と罰』の下
話はクライマックスへ。

主人公ラスコーリニコフがとらわれていた思いとはいわば英雄思想。
英雄というものは大事を成し遂げる前に、かならず乗り越えるべきものがあった。
それは時代から見れば罪に見えるものでも、後世には些細なこととして捉えられる。
ナポレオンであれなんであれ、それをのりこえたからこそ、名を残す英雄となり得たのだ。
その中で、ラスコーリニコフが乗り越えなければならなかったものこそ、老婆殺しという罪でした。

しかし、ラスコーリニコフは罪を乗り越えることはできません。
英雄であろうとする思いと、自らの中にある一抹のヒューマニズム。
そしてそれに苦しむことに絶望する彼。
自分は英雄足りえないのかと。インテリの挫折とでも言いましょうか。
深いそれに陥っていくことになります。

殺人を犯してから、彼は様々なことに遭遇します。
不幸な人々とその死。傲慢なニヒリストの自殺。友人や家族の愛情。
そうしたことを経ての、ある種のあきらめ。
あきらめと捉えるのがいいのでしょうか、何かを断念する気持ち。
(ここで、ラスコーリニコフは人間として少し成長したものと思います。何かを諦めることで、開ける道がある)

彼は刑法上の罪を償うこととなります。
それは罰なのか。むしろその中でラスコーリニコフは救われていくこととなるのですが。。。

私にはこの結末は予想外でした。
この展開の中で、このようなエンディングが待ち構えていようとは。
これも、当時の、しかもキリスト教圏の小説の特徴?
ドストエフスキーがキリスト教的人道主義に目覚めたあとの作品のようなので、その影響も多々あるのかもしれません。
「最後に愛は勝つ」と歌の文句じゃないですが、そういう人間味が大事ってことですね。

ラスコーリニコフの強迫性神経症的気質と英雄思想。
これは現代人にもよく当てはまるものかもしれません(それともはるか昔から、多くの若者が患ってきたものなのかも?)。
読めば、何かしら思い当たることもあるし、彼の苦しみの一端ぐらいはわかります。若干彼はいきすぎですが。
ある種の青春小説的な要素もあるので、できれば若いうちに読んでおいたほうがグッとくるでしょう。
理論や理想だけというのは、腹の足しにもなりません。
解説の工藤誠一郎氏の言葉がそれをうまく表していたので引用させていただきます。
「ドストエフスキーは『罪と罰』で人間の本性を忘れた理性だけによる改革が人間を破滅させることを説いたのである。」

-------------------------------------------------------
余談

本書には挿絵がありません。

ラスコーリニコフは病弱という設定。
読み進めていくうちに、私の中で結ばれたラスコーリニコフ像は、映画『オーメン』のダミアンでした。
悪魔の数字666をあざに持つダミアン。
ラスコーリニコフの病弱な容貌と内に秘める歪んだ思いが、それをイメージさせたのでしょう。

ってなこと考えてたら、面白い考察を見つけたのでリンクを貼らせていただきます。
ラスコーリニコフ=666 - ドストエフスキー雑学


関連記事
『罪と罰〈上〉 (新潮文庫)』~強い思いに絡め取られて~

スポンサーサイト

『罪と罰〈上〉 (新潮文庫)』~強い思いに絡め取られて~

ドストエフスキー
03 /10 2013
罪と罰〈上〉 (新潮文庫)罪と罰〈上〉 (新潮文庫)
(1987/06/09)
ドストエフスキー

商品詳細を見る



『罪と罰』
言わずもがなの、歴史的名作とされる本です。

いつかは読まねばと思っていた作品。
山登り好きの人が、登頂を目標とする名山のように。
難しいということだけは聞いていたので、読みきれるか不安もありましたが、頑張って読破しました。

まず何が難しいか。。。
それはなんといっても文化の壁では。
登場人物たちはロシアの人々。
だから名前がやたら長くて覚えられない。。。
たとえば、ラスコーリニコフ、カテリーナ・イワーノヴナ、レベジャートニコフ氏、ソーニャ・セミョーノヴナ、アマリヤ・フォードロヴナ・・・
こんな調子で、聞いたことのない発音の名前がいっぱい出てくるので、誰が誰だか覚えるのが大変。
しかもラスコーリニコフ=ロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフ=ロージャなど本名とニックネームが入り混じってさらにそれは複雑に。

そして、文化的背景。
その当時のロシアの生活感がいまいち掴みづらい。
貧富の差がどれぐらいあって、登場人物たちがもっている貨幣がどれぐらいの価値があるのか。
男女の権利の差Sや、風習そのたもろもろも、見たことがないようなものが突然でてくるので、ちょっと戸惑い。
「なんで、いきなり膝まづいて足にキスをするんだ???」っとこんな調子です。
これらをクリアしつつ読み進めるのはなかなか大変でした。

内容は、重いです。
それもずシーンと。
主人公ラスコーリニコフが犯した罪。
彼、そのことで罪の意識におびえることに、ショックを受けることになります。

ラスコーリニコフはその当時の大学生(元)。いわばインテリです。
そんな彼が、自らの中で作り上げた理想像の元に、行動をおこし、そして現実の自分とのギャップに神経を病んでいく。
ラスコーリニコフの内面描写はひどく歪み、また波も激しい。
躁鬱気質を持った彼の葛藤とそれをとりまく不幸な人々。
貧しさやとか人間のいやったらしさの中で生きる市中の人々がラスコーリニコフと絡むことで、彼はますますなにが正しいのがわからなくなっていきます。

続きは(下)で…


関連記事
『ノルウェイの森(上)』~物悲しい青春~

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。