FC2ブログ

『さまざまな迷路 (新潮文庫)』〜ショートショートの魅力と毒〜

星 新一
01 /23 2014
さまざまな迷路 (新潮文庫)さまざまな迷路 (新潮文庫)
(1983/08)
星 新一

商品詳細を見る


星新一氏の著者は小学生のころから親しんでいるが、今回読んだ『さまざまな迷路』が一番面白いと感じた。



全体的な密度のこさ。読みやすいんだけれど、そこに詰め込まれた世界観はどれもが秀逸。

2ページほどの話でも、そこにまったく独自の世界が構築されており、手が抜かれているということはありません。



いわゆるオチの部分も、様々。

うまく落としているものもあれば、ブツんと切断されたようなラストも。

明快なオチがあたえられていないものは、逆にそのすっきりとしない感じに魅力があるものもありました。



一つ一つのテーマとか。

社会風刺、哲学、心理学などなど。

どの作品にもなんらかの毒が仕掛けられており、読後にその毒の広がりに気付く感じ。

普段の生活の中では、その毒はなかなか認識し難いのだけれども(雑多な日々の中で拡散されてしまって、イマイチ明確でない)それらをショートショートの中で結晶化して、読者に気付かせる感じ。

面白いというだけではないのが、それがまた良かったです。



私の好きな展開のタイプは、ちょっとしたことが大事になっていくもの。

自分の意志がだんだん及ばぬ範囲にまで膨らんでいくなど、展開の妙と社会の象徴のような感覚が好きです。

『さまざまな迷路』の中でもこのタイプのものがいくつかあって大変満足しました。

(はやらない料理屋さんが泥棒の相談をしていて、それが最終的には大事になるってやつとか)



少ない文字数の中に、宇宙をつめこむ。ある意味日本人の性質にピッタリ合ったスタイルなんじゃないかと思います。
スポンサーサイト

『ボンボンと悪夢 (新潮文庫)』~現代への皮肉屋~

星 新一
11 /13 2012
ボンボンと悪夢 (新潮文庫)ボンボンと悪夢 (新潮文庫)
(1974/10)
星 新一

商品詳細を見る



微笑みに包まれた毒



●気づけば、手遅れ

星新一さんのショートショート36編収録。
読みやすいながらも、内容は強烈です。

星新一作品との出会いはたしか小学生の時。
国語の教科書にその作品が載っていました。
ある街に大穴が空いていて、みんなそこにゴミを捨て出す。最終的には核廃棄物なんかも捨てるようになる。だいぶ経ったある日、最初に穴に入れたものが空から落ちてきて・・・
たしかそんな話。

ショートショートというだけあって、一つ一つがとても短くすごく読みやすい。
文章や表現も、難しいことなどはぜんぜんなく、それこそ小学生からでも読むことができるような本です。

ただ、今改めて星新一作品を読んでいると、そこにある強烈な毒気に改めて気づかされます。
なんというか技術批判や、文明批判というか。いや、批判というほどのものでもない、嘲りのような。
「このまま突き詰めちゃうと、とんでもなくおかしなことになっちゃうよ」ってのを見せ付けられる感じ。
面白いんだけど、笑い事じゃない世界。

すべてが薬頼りの世界、便利ながらも娯楽を許さぬ世界、不思議な犯罪会社 などなど
ありえないとは言い切れないような、様々な未来の可能性を見せつけられているようで。

たとえば、現代のSNSコミュニケーションに入り浸りやスマホを常にいじくる人々。
星新一氏の描いた、行き過ぎた世界と何が違うのかというと、言い返せなくなるような。

21世紀の現代に、改めて読み直してみるとちょっと背筋が冷たくなるような、そんな傑作ばかりでした。



関連記事
人気推理作家のブラックユーモア 『怪笑小説』
毒になるテクノロジー iDisorder~21世紀の『沈黙の春』か?~

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。