FC2ブログ

『陰翳礼讃 (中公文庫)』~日本の美学について~

谷崎 潤一郎
09 /10 2013
陰翳礼讃 (中公文庫)陰翳礼讃 (中公文庫)
(1995/09/18)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る


影や暗いところを尊ぶ。
そこから始まる美の価値観。

小説家である谷崎潤一郎氏の随筆集です。
かなり昔に書かれたものですが、現代人が見失いつつある、ある種の日本のアイデンティティについて言及されており、クリエイターやデザイナーなどに、支持されています。

どこもかしこも明るい。
西洋化の波のある面は、世の中の闇、暗い部分をすべて照らしだそうという方向性で発展してきました。
現代など、夜に街にでてみても、どこにも街灯はあるし、コンビニなどは周囲をコウコウと照らしています。
それはそれで便利ですし、それがあるからこその安心感というものもあります。

しかし、旧来では日本は暗いのが当たり前であった。
家屋などでも、奥まったところは日がささず、薄暗い。むしろそれが当たり前の状態であったようです。
西洋人はそういうものを光で支配しようとした。日本人はむしろそこに順応し、そこから美意識を育てていった。
本書で、そういった意見が出てきた時に、なるほど日本古来の道具などがある種の地味さや陰鬱さを秘めているのかということに合点がいきました。

道具というものは、生活や空間から生まれてきます。
闇や暗がりといったことが当たり前であった日本において、その状態のなかでもっとも美しく機能的であることが求められて行ったのでしょう。
現在では、我々はそれらを明々とした蛍光灯、電灯の下などで見ますが、それは本来ではないのでしょう。

夜外にでてみる。
見渡す限り人口の光のない場所なんていうのは、よほどの山奥にでもいかないと無理でしょう。
感覚的なことで言うと、じつはそういう闇の中に身を置くことも必要なのかも。
そうすることで開けてくる、感覚であり美意識であり、日本風土に本来あるものを目覚めさせることができるのかも。

日中、家の中。
家中の電灯を消し、過ごしてみる。
どこかしらに生じる陰あるいは闇。
そこにこそ、忘れられた美意識の生じる隙があるように感じます。


関連記事
『春琴抄 (新潮文庫)』~清純派SM・・・そんな感想~ 
スポンサーサイト

『春琴抄 (新潮文庫)』~清純派SM・・・そんな感想~ 

谷崎 潤一郎
07 /25 2012
春琴抄 (新潮文庫)春琴抄 (新潮文庫)
(1951/02/02)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る



永遠に美をとどめるために


「新潮文庫の100冊」収録


●春琴と佐助

古本で買った1冊。
以前読んだ『痴人の愛』が面白かったので、再び谷崎潤一郎チャレンジです。

『痴人の愛』を読んだときにも思ったことですが、谷崎作品はなんとも艶っぽい世界。
エロとは何かが違うんです。
もっとゾクゾクっとくるような感じ。
艶っぽさ、清々しさ、トゲトゲしさ…情愛に絡む感情が、みごとにブレンドされているようなイメージさえ受けます。

この『春琴抄』も性的な表現はほとんど出てこないにも関わらず、一貫して艶っぽさが漂っています。
主人である、盲目の春琴。その付添佐助。
文体は客観的な視点で、二人の生き方が描かれていきます。

加虐的な春琴と、それに追従するマゾヒスティックな佐助。
二人の間には、厳しい主従の線を引きつつも、佐助は一心に春琴に使えます。
ある日、事故によりその美貌を失う春琴。
佐助は春琴の美貌を、頭の中にとどめるため、己の目を潰してしまいます・・・

●それは愛なのか?

この己の目を潰すという行為に、春琴抄の核心的部分を感じます。
そこまでは清純的なマゾヒズム(?)でただただ従うことに喜びを見出していたような佐助。
なのに春琴の容貌が変わったとたんに、目を潰すという極端な行動をとるなんて・・・
サディズムとかマゾヒズムとかそんなのを超越している感じがします。

一番感じたのが、佐助の徹底した美へのエゴイズム。
もはや頭の中で神格化した春琴が、現実でその美を失ったことには耐えられない。
ならば、頭の中の春琴を後生大事にしていこう。
現実の春琴は夢想の中の春琴にリアリティーを持たせる媒介に過ぎない。
そんな感想を抱いてしまうほど、あまりに佐助の行為は、話の流れの中で、極端な性質をおびています。
サディズム、マゾヒズムを超越した先にある、究極のエゴイズムこそが『春琴抄』の本質なのではないかと思いました。

●共感?嫌悪?それ以外?

たぶん、エゴがなければ、容貌が変わった春琴を変わらず愛せたでしょう。
エゴ故に、変わることが認められない、だから目を潰す。
人間の業のようなものさえ感じる凄まじさです。
ぞっとしながらも、文体のなめらかさから、どこか美的な性質をも感じてしまうところに、谷崎潤一郎という人の力量を感じます。

私の感想はこのようなものですが、人によってはぜんぜん違う感じ方をするでしょう。
『春琴抄』は読者の感想が大きくバラける作品だと思います。
多分、その人の恋愛観なんかによって、大きく感想が左右されると思います。
ある人は共感するかもしれないし、ある人は嫌悪するかもしれないし。

自分の価値観を見定める試金石に。


--------------------------------

追伸

ブログを初めて、一年半ほど。
ついにアクセス数が1万ヒットをこえました!
これも、常日頃からみなさまにご愛顧していただいているおかげです。
今後もたくさんの本を読み、書評、感想、本の面白さを表現し続けます。
これからもよりみち図書館をよろしくお願いいたします!


関連記事
鮮やかな性の解放 『痴人の愛』
チャーミングなヒロイン 『ティファニーで朝食を』

鮮やかな性の解放 『痴人の愛』

谷崎 潤一郎
09 /28 2011
痴人の愛 (新潮文庫)痴人の愛 (新潮文庫)
(1947/11/12)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る


大正時代の不二子ちゃん

生真面目なサラリーマンの河合譲治は、カフェで見初めた美少女ナオミを自分好みの女性に育て上げ妻にする。成熟するにつれて妖艶さを増すナオミの回りにはいつしか男友達が群がり、やがて譲治も魅惑的なナオミの肉体に翻弄され、身を滅ぼしていく。大正末期の性的に解放された風潮を背景に描く傑作。 (「BOOK」データベースより)


名作には、時代を超えた新鮮さがあるような気がします。
この『痴人の愛』にも今までに見たことのないような新鮮さを感じました。

登場人物のナオミは性に対する倫理感が欠如したような天性の妖婦。
夫があるにもかかわらず、様々な男の間を渡り歩いても悪気を感じない無邪気さも併せ持ちます。

このナオミの強烈なこと。
わがままで、自己中心的。義理人情に縛られない自由奔放なふるまい。
それだけならば鼻持ちならない嫌な人物になりがちですが、それらに天然の”無邪気さ”が加わることでものすごく魅力的な人物になっています。

読みながらナオミとルパン三世の不二子ちゃんがダブって見えました。
どちらも男ゴコロをガッチリ掴んで離さない手管の持ち主。
ナオミの人物描写は西洋的なスタイルと西洋人的な風貌とのことですから、こちらも不二子ちゃんに近いものがあると思います。

『痴人の愛』は大正時代の話。
まだまだ封建的な空気が色濃い時代に、ナオミは様々なものの象徴だったのではないでしょうか。
自由や退廃、グローバリズムと西洋コンプレックスなどがナオミから感じられます。
それは良きにつけ悪きにつけ、日本の文化が成長していくときに得る正負の両面を含んでいるのだと思います。

妖婦ナオミに魅せられた主人公の譲治
譲治はナオミに逆らいがたい肉欲と情愛を持っています。
離れようとしても、狂おしい気持ちがそれを阻みます。
一方ではそれは身の破滅と捉えられるでしょう。
はたかれ見れば哀れなような境遇にまで陥りますが、おそらく譲治本人は背徳的ながら幸福に浸っているのだと思います。
主人公の譲治にも両面性が感じられます。

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。