FC2ブログ

仲間と勇気 『飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)』

ケストナー
05 /16 2012
飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)
(2006/09/07)
ケストナー

商品詳細を見る


みんな、一緒に成長していく


孤独なジョニー、弱虫のウーリ、読書家ゼバスティアン、正義感の強いマルティン、いつも腹をすかせている腕っぷしの強いマティアス。同じ寄宿舎で生活する5人の少年が友情を育み、信頼を学び、大人たちに見守られながら成長していく感動的な物語。ドイツの国民作家ケストナーの代表作。(「BOOK」データベースより)


●ドイツの学校生活

先日読んだ『本へのとびら――岩波少年文庫を語る』でも紹介されていた『飛ぶ教室』です。
今回は光文社古典新訳文庫から出ているものを読みました。

読むまではなにかファンタジーかなと思っていました。
「『飛ぶ教室』ってタイトルだから、急に教室が中に浮かんで…そこからファンタジーな世界を旅して…」ってな具合に。
読んでみるとファンタジーではありませんでしたが、とても心あたたまる良いお話でした。

●素敵な友情

話は、クリスマスまじかのドイツの学校を舞台に繰り広げられます。
子供達の友情や、勇気の話。優しさや思いやりの話。彼らを見守る大人たち。
それぞれの関係が素敵に交じり合い、微笑ましい学校生活が繰り広げられます。

題名の『飛ぶ教室』とはジョニー、ウーリ、ゼバスティアン、マルティン、マティアスの五人がクリスマスに披露しようとする劇のタイトル。
この五人が本書で主要な活躍を繰り広げます。

体格も、性格もばらばらな五人。
無茶をやったり、助け合ったりを繰り返しながら、より友情を深めていく五人。
遠くドイツの物語ですが、友情に関することは万国共通する、何か胸が熱くなるものがあります。

●光文社古典新訳文庫版の特徴

『飛ぶ教室』は児童書としてかなり知られているようです。
その分、翻訳などは子供向けに訳されたものが多かったそう。
本書の光文社古典新訳文庫では、原文を良さを活かした、スピード感や軽快さを重視した訳となっているそうです。

宮崎駿さんが推薦した、岩波少年文庫版と見比べてみるのも面白いかもしれません。



関連記事
子どもに必要なものとは 『本へのとびら――岩波少年文庫を語る (岩波新書)』
推薦図書に選ばれる理由 『十五少年漂流記 (新潮文庫)』
スポンサーサイト

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。