FC2ブログ

あっさりとした不気味 『そして誰もいなくなった』

アガサ クリスティー
01 /16 2012
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/10)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る


「誰もいなくなった」。そんなはずはないのに…

さまざまな職業、年齢、経歴の十人がU・N・オーエンと名乗る富豪からインディアン島に招待された。しかし、肝心の招待主は姿を見せず、客たちが立派な食卓についたとき、どこからともなく客たちの過去の犯罪を告発してゆく声が響いてきた。そして童謡のとおりに、一人また一人と…ミステリの女王の最高傑作。(「BOOK」データベースより)



ミステリー界の名作です。
私はあんまりミステリー物が好きではないので、アガサクリスティーを読んだのもこれが初めて。

以前から「そして誰もいなくなった」というタイトルにすごく惹かれていました。
だいたいの内容は知っていたのですが、なぜ「誰もいなくなった」のか。その部分がとても気になっていました。
(それと、様々な作品に影響を与えたもので有名だったから。「インシテミル」とかもそうだと思います。)

大まかに言うと、孤島に集められたお互いを見知らぬ10人がなぜだか一人ずつ死んでいくって話です。
とても大まかな表現ですが、物語の主軸はここに込められている気がします。
一人、また一人いなくなっていって…そして…。

物語はとてもあっさりと、ミステリーにしては引っかかりのないまま、終わっていきます。
ここが怖いところ。
少ないながらも、今まで読んだミステリーにはだいたいここがキーポイントですよ!っといったような盛り上がりが強調されていました。
しかし「そして誰もいなくなった」に関しては、淡々とラストに向かっていき、さらりと終わっています。

一応、物語のエピローグ部分で種明かしは描かれているのですが、そこにたどり着くまでには、犯人が存在するのかどうなのかもわからない奇妙な感じを読者は覚えるでしょう。
淡々と進んで行き、特に盛り上がりも少ないのに、この奇妙な感じに引っ張られて物語の世界にぐいぐい引き込まれていく感じ。
余韻も与えず、唐突に訪れるラスト。
そして読者には奇妙なままの謎だけが残されます。

私のような、ミステリー初心者に是非とも読んでもらいたい一冊かもしれません。





関連記事
不条理なのは誰なのか 『異邦人』
スポンサーサイト

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。