FC2ブログ

イタリア版ショートショート  『猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)』

ジャンニ ロダーリ
11 /17 2011
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
(2006/09/07)
ジャンニ ロダーリ

商品詳細を見る


児童文学者の皮肉

魚になってヴェネツィアを水没の危機から救う一家。ピアノを武器にするカウボーイ。ピサの斜塔を略奪しようとした宇宙人。捨てられた容器が家々を占拠するお話…。現代社会への痛烈なアイロニーを織り込んだ、ユーモアあふれる知的ファンタジー短編集。(「BOOK」データベースより)


裏表紙にあった内容説明に心惹かれて借りてみました。
ピアノを武器にするカウボーイって…?

作者のロダーリ氏はイタリアを代表する児童文学者だそうです。
『ファンタジーの文法』という本など、かなりシステマティックな手法で物語を作る技を持っていた人のよう。
いつもは子どもに向けた物語を各ロダーリ氏が、少し大人向けに皮肉とユーモアを利かした書いたのが本書です。

日本では星新一氏を代表とするような「ショートショート」というジャンルがあります。
この『猫とともに去りぬ』に収録されている物語の数々も、ショートショートよりは長めですが、形態はかなり似たものがあります。
たっぷりの不条理とユーモアの混在具合が小気味よろしいです。

本書ででてくる物語の主人公たちは、物理的法則がひん曲がってもさして動揺はしません。
しかし社会的規則を曲げることにはすごく敏感。
人間が猫になろうが魚になろうが時空間を超越しようが、社会的ルールから外れなければとくに問題にもされません。
「そこに関心を持つべきだろ!」っと思うところは大抵がスルーされています。

ちぐはぐな不条理がこの本の面白さの鍵と言えるでしょう。
しかし惜しむらくは笑いに対する国民性の違い。
物語の端々にジョークが混ぜ込まれているのですが、どうも私には合いませんでした。
(文化や風俗などが違うと、ジョークはいまいち伝わりません。)
まぁ、好きな人にはたまらなく面白いものだと思いますが。

それでも内容のシュールさだけで十分楽しめました。
物語が思うとおりに進んでいかない楽しさ。
次の行ではまったく違う方向に話が進んでいく未知性。
こういう本もなかなか面白いもんです。



関連記事
不条理なのは誰なのか 『異邦人』
1951年芥川賞受賞  『壁』 
ティム・バートンのすくわれない絵本 『オイスター・ボーイの憂鬱な死』
スポンサーサイト

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。