スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある男の馬鹿げた夢とパラダイス 『パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション』

パノラマ島綺譚  江戸川乱歩ベストセレクション(6) (角川ホラー文庫)パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション(6) (角川ホラー文庫)
(2009/05/23)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る


出来上がるまでが快楽

売れないもの書きの廣介は、極貧生活ながら、独特の理想郷を夢想し続けていた。彼はある日、学生時代の同窓生で自分と容姿が酷似していた大富豪・菰田が病死したことを知り、自分がその菰田になりすまして理想郷を作ることを思いつく。荒唐無稽な企みは、意外にも順調に進んでいったのだったが…。ほかに「石榴」を収録。妄想への飽くなき執念を描くベストセレクション第6弾。(「BOOK」データベースより)



20面相や明智小五郎で有名な江戸川乱歩の作品です。
本書には『パノラマ島奇譚』と『石榴(ザクロ)』という話が入っており、どちらともなんともいえない不気味な話です。

『パノラマ島奇譚』にでてくる男は夢想したものを実現させますが、その過程が狂気じみた方法でした。
本人もそれを薄々感じながらも、夢想への執着がそれを実行させる推進力となったのです。
もろもろの過程で男は殺人を犯し、最後には破滅へ向かいます。
そして男は非常にカラッと、さっぱりした最後を迎えます。

あれだけ執着し続けた夢想の世界。
自分のすべてをかけて作りあげた物に、まったく執着を残さない散り際。
なんかそのへんのあっさり感が妙に恐ろしいのです。

『石榴』に関してもおんなじような恐ろしさを感じました。
犯人の男は、やりたいことをやりつくし、あっさり幕を閉じる。
おそらく、非常に冷静な心持ちで。

人間らしさっていうのはある程度欲ばってるからこそ感じられるのでしょう。
二つの物語の犯人からは人間の欲が感じられなかった。
そのへんの空白感が恐ろしいのです。

いままで江戸川乱歩の小説をあまり怖いとは思ったことがありませんでしたが、これは怖いと思いました。
これを現在の夜9時からの2時間ドラマで再現したら、クレームが鳴り止まないだろうとだけ言っておきます。



関連記事→不気味なエロス 『人間椅子』
     奇書の質感 『ドグラ・マグラ (上)(下)』
     ティム・バートンのすくわれない絵本 『オイスター・ボーイの憂鬱な死』
スポンサーサイト

不気味なエロス 『人間椅子』

人間椅子  江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫)
(2008/05/24)
江戸川 乱歩

商品詳細を見る


”触覚”を研ぎ澄ましたら。

とある女性のもとに手紙が届く。
それは奇妙な快楽におぼれていった男の告白記。

ある時、男は重厚な革張り椅子の中に潜む楽しさを覚える。
そこで知る、新たな知覚。
背徳的な快感。
手紙につづられる男の真の告白とは。。。


表題の人間椅子。
読むものの触覚に訴える怪しさがあります。
真っ暗な椅子の中での男の感覚記が、妙な生々しさを想起させます。

この本には人間椅子のを含む8つの短編で構成されています。
その中でのお勧めは「目羅博士の不思議な犯罪」という作品。
昭和の中で起きた不思議な事件。都会の乾いた空気を感じた話です。



江戸川乱歩と言えば、小学校の頃に読んだ「少年探偵団」でしょうか。
同じ作家でもこちらには不気味なエロスが漂っています。
戦前の、まだ怪奇なものと隣り合っていた時代の強い匂いが想像を刺激します。


↓映画verでは触覚のエロスが色濃く描かれています。

人間椅子 [DVD]人間椅子 [DVD]
(2006/01/27)
清水美砂、國村隼 他

商品詳細を見る
プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。