FC2ブログ

Do feel 『考えない練習』

ライフ
10 /30 2011
考えない練習考えない練習
(2010/02/09)
小池 龍之介

商品詳細を見る


あわてない、あわてない。ひと休み、ひと休み。

頭で考えずに、もっと五感を使おう。すると、イライラや不安が消えていく―。(「BOOK」データベースより)


お坊さんである著者の小池龍之介さんが、思考に頼りすぎない生活のありかたを紹介しています。

日本の初期仏教の僧である小池龍之介さんが、仏教を通じてわかりやすく五感を使った生活の有意義差について解説しています。
我々は日常的に思考とは切っても切れない生活をしています。
しかしその思考は時に悩みやストレスに繋がり、体に負担をかけるものになるときも。
「煩悩」などの概念や、それらにとらわれない方法などが語られています。

普段、仕事に集中しているようでも頭の中はノイズ(雑念)で一杯。
もし一分につき十秒雑念が湧いているとしたら、一時間につき十分も雑念にとらわれていることになります。
これら雑念が湧いてくるのはどうやら少し暴走気味の思考のせいみたいです。
そしてその暴走した思考病がイライラや不安の原因だとか。
現代人は情報化社会にとっぷり使っているせいで、多くの人が思考病にとらわれているようす。

もっと五感を使った生活を実践していけば、のびのびと穏やかな心持ちの毎日を送れるようです。
見ること、聞くこと、嗅ぐこと、味わうこと、触れること、感じること。
これらの感覚を能動的に活用することが、思考病からの脱出につながる第一歩です。

日々、なんだかいろいろなものに煩わされている人は一度読んでみては。
何か良いきっかけが”ひらける”かもしれません。


関連記事
取得物 6月13日 how to 坐禅
豊かな生活 『ベニシアの京都 里山日記』
スポンサーサイト

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。