FC2ブログ

『読むだけですっきりわかる日本史 』~きっかけはわかりやすさ~

学術
10 /29 2013
読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)
(2008/06/03)
後藤 武士

商品詳細を見る



高校以来の歴史のお勉強です。

レビューとかを見ているととにかく分かりやすいとのことで、ただそれだけを頼りに手に取りました。



日本史。小中高としっかり習ってきたはずなのに、どこかあやふや。

平安、室町、鎌倉、戦国とかこのあたりがどういう順番で、何が起こったのやら。

戦国時代に武将達がわんさか出てきて戦ったけど、それじゃ武将とか武士とかはいつごろ、どのような理由で誕生したのか。

毎度、時間が足りなくなり割愛されていた現代史ではいったいどんなことがあったのか。。。などなど。



頭の中でかなりあやふやな構成になっていた日本史を再度理解するために、読んでみましたが、噂に違わず分かりやすかったです。

本当に必要な部分だけをピックアップして、そして流れを重視して説明してくれている感じ。

小説とかでもそうですけど、やっぱり流れが分からないとつまらないですよね。

学校の授業とかだと、時間がかかりすぎて、歴史の流れが分かり辛かったりしたのですが、本書を読むと、そういう部分がすごく分かりました。

学生時代、それほど面白くないと思っていた平安あたりも、大きな流れの視点で見つめると、結構興味深いものがありました(政治争いとか)。



大人の再学習にももちろん良いですが、中高生が読んでも教科書の理解を深めるのにいいかも。

本書で日本史全体の輪郭をつかんで、教科書でディティールをつめていく感じ。

冒頭でも出てきますが、歴史をしることで、その成功点や過ちをしり、未来に活かしていくべきとあります。

改めて、日本史を通しで見ていると、失敗する人はするべくして失敗しているし、成功する人は先見の明や大局観的なものを持っていたりして、これは歴史をとわず、学ばなければいけないことだと感じました。

少しでも早い時期にそのことに気付けば、歴史はおおいに役立つものでしょう
スポンサーサイト

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。