スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過剰な美しさ ゆえのギャグ 『主に泣いてます』

主に泣いてます(1) (モーニングKC)主に泣いてます(1) (モーニングKC)
(2010/08/23)
東村 アキコ

商品詳細を見る


行過ぎた感じがおもしろい


主人公の紺野泉は幸薄い女性。彼女はたぐいまれなる美貌の持ち主であり、その美しさゆえ彼女に出会う男性は彼女に恋をせずにはいられない。
彼女を一目見た男性は、べた惚れしてしまい、彼女を我が物にしようと他の恋敵と争い始める。
彼女の周りでは刀傷沙汰が日常茶飯事で、それに心を痛める日々。
魔性の美貌を隠すため、外を歩く時は非モテ変装をしなくてはならない。
不幸美女の苦悩と空回りの人生を描くギャグ漫画である。


主人公が美女という設定の漫画は沢山あります。
けっこうありふれた題材ですが、この漫画ではその設定をめちゃくちゃ強調させてます。

まず、主人公は変装せずに街中を歩けません。
素顔で歩くと、その美貌ゆえ、街中で血みどろの争いが始まるからです。
そんな美貌を、主人公は苦にしています。
むしろ美しいことに本気で悩んでいます。

他の漫画などの美貌を持つ主人公は、明るかったり、何事にもめげなかったり、または己の美貌を長所に物語をわたっていくものだと思います。
しかし、この主人公はどちらかというとネガティブ気質です。美貌もウィークポイントにしかなっていません。(美貌によって、男性は争い、女性からは疎まれる)

また、彼女は人気画家のモデルです。
その画家と恋仲のようなのですが、彼には奥さんがいます。
つまり不倫です。
しかも主人公が唯一好きな男性は、彼女の美貌に魅了されていない唯一の男性です。

とても悲惨な設定ながら、彼女をほっとけない人間(少人数)によって、なんだかんだで危機を乗り越えていくお話です。


この本の作者、東村アキコさんは海月姫ママはテンパリスト などを描いている、今人気の女性漫画家です。(『ママはテンパリスト』は東村さん自身んの子育てエッセイ漫画です。こちらもかなり面白い!)

彼女の漫画は現実や日常の生活を生きる人物達の個性を強調させることにより、面白さや笑いを生み出しています。
現実には無さそうだけれど、現実の延長線斜め上にはありそうなことについつい笑ってしまいます。

この漫画、『主に泣いてます』も現実を題材にしながら、現実にはありえないギャグな世界です。
行き過ぎた美貌を笑いの種にしてどこかダークでシニカルだけれども、魅力たっぷりなギャグ漫画にしたてられています。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。