スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やけに気になる表紙群 『荒川アンダー ザ ブリッジ』

荒川アンダー ザ ブリッジ 1 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダー ザ ブリッジ 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2005/07/25)
中村 光

商品詳細を見る



怖くて手が出るまでに時間がかかった漫画

●さくっとあらすじ

主人公、市ノ宮行は御曹司。彼の家の家訓は「他人に借りをつくべからず」。
いままで、その教えを守ってきた彼がある日、荒川で命を助けられる。
彼の命を救ったのは、荒川河川敷に住む、自称金星人のニノ。
命を救ってもらったという大きな借り。その恩返しとしてニノは「私に恋をさせてく
れないか?」と言う。借りを返すため、荒川河川敷で住むことになった行と彼を
取り巻く一風変わった河川敷住人達の物語を描いた電波系不条理ギャグ漫画である。

●購入するまでに色々戸惑いました

私はこの作品を「ヴィレッジヴァンガード」でしりました。
(ヴィレッジヴァンガードとは→http://www.village-v.co.jp/

今ではこの作品、アニメ化もされて知名度も高いですが、4,5年前はあまり知られていませんでした。
一般書店ではあまり目立つところに無いのに、よく行くヴィレッジヴァンガードではおもいっきりプッシュしていました。
ヴィレッジヴァンガードといえば、すこしクセのある書籍がメイン。
クセはあるけどはまるとたまらない品揃えが数多くの人をとりこにしている本屋です。

さて、『荒川アンダー ザ ブリッジ』。
クセのある書籍の中で一際私の目を惹きました。

統一感なく、まったく内容のわからない表紙群がです。

たいていの本は、表紙で大体の内容の方向性、ジャンル、などがなんとなくわかります。
特に、人が描かれている場合は性別、人種、年代、デザイン性などで判断できます。
しかし、この本にいたってはまったくわかりませんでした。

・例
荒川アンダー ザ ブリッジ 2 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダー ザ ブリッジ 2 (ヤングガンガンコミックス)
(2005/11/25)
中村 光

商品詳細を見る

荒川アンダー ザ ブリッジ 3 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダー ザ ブリッジ 3 (ヤングガンガンコミックス)
(2006/05/25)
中村 光

商品詳細を見る

荒川アンダー ザ ブリッジ 4 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダー ザ ブリッジ 4 (ヤングガンガンコミックス)
(2006/12/25)
中村 光

商品詳細を見る

荒川アンダー ザ ブリッジ 5 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダー ザ ブリッジ 5 (ヤングガンガンコミックス)
(2007/05/25)
中村 光

商品詳細を見る


2巻表紙 星人間、ラフでワイルドなタッチ
3巻表紙 銃を持った人、すこしクールなタッチ
4巻表紙 ズボンをはいていないサラリーマン、緊張感あるタッチ
5巻表紙 河童、和のタッチ


タイトルのフォントも巻ごとに違います。
最初に見たときは、ギャグ漫画だということもわかりませんでした。
表紙のキャラクターが一つの漫画でどう一緒になるのか想像がつきません。

気になりながらも、2,3年手をだすこができませんでした
(今思えばネットで調べりゃよかったのに・・・)

●読んでからは、一気にハマりました

だいぶたってから買ったのですが、おもしろくて一気に全巻集めてしまいました。
荒川河川敷を舞台に、人あらざる格好をし、人外のものを主張するキャラクター達。
SFでもファンタジーでもなくただただ不条理で電波な世界観。
けれども、のんびりとした進行で緊張感のないギャグの世界が広がっています。


ちなみに、この漫画は実写化されます。
映画『荒川アンダーザブリッジ』公式サイトhttp://www.autb.jp/
(4月14日現在、主役の配役が決まっています。)


これから益々人気が上がるであろう『荒川アンダーザブリッジ』。
今のような暖かくて、どこか気分がハイな季節にちょうどいい漫画です:-)

その他の中村光先生の作品群。
こちらも緩くて、のんびりした世界観と少しシュールな笑いがあふれています。

この記事へのコメント

- DEKANEKO - 2011年04月14日 21:28:19

名前だけ知ってて気になってたけど
ギャグ漫画やったんか:-0

- 図書館男子 - 2011年04月14日 21:59:15

DEKANEKOさん。コメントありがとうございます!

そうです、一風変わったギャグ漫画ですよ☆表紙に登場する濃いキャラクター達のとぼけた日常がいい笑いをかもしています。

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。