スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相撲と野球と鬼太郎と 『ゲゲゲの鬼太郎 スポーツ狂時代』

ゲゲゲの鬼太郎 スポーツ狂時代 (角川文庫 み 18-63)ゲゲゲの鬼太郎 スポーツ狂時代 (角川文庫 み 18-63)
(2010/11/25)
水木 しげる

商品詳細を見る


どん底鬼太郎


成績が悪い上に学費もなく、生活を追われ山中にくらす鬼太郎。叔母と名乗る人の元に身を寄せるが、なんとそこで超能力を奪われてしまう!「新ゲゲゲの鬼太郎 スポーツ狂時代」を連載当時の掲載順に収録した完全版! (amazon内容紹介)


以前紹介した、『ゲゲゲの鬼太郎 青春時代』の続きのようです。

おばけにゃ試験も学校も無いと言っていますが、食う物さえないところから話しは始まります。
ある日、おばを名乗る人物から手紙が届き、一緒に住まないかとのこと。
飢えのためにひょこひょこ出向く鬼太郎(withねずみ男&めだまおやじ)
手紙は罠で、鬼太郎は神通力とちゃんちゃんこ(このときにはセーターに編みなおされています)をとられてしまいます。

ほぼ凡人になってしまった鬼太郎は相撲取りになったり、甲子園をめざしたり。
神通力とちゃんちゃんこを敵の純情と共に奪ったり。
話の展開に一貫性はありませんが、なんだかロックな生き方に見えてきます。

私の小さい頃は、アニメで鬼太郎が流れていました。(何世代か前ですが)
アニメで印象的なのは、大抵ねずみ男がいらぬことをして、そのしりぬぐいをするのが鬼太郎の図式。
アニメの中ではどこまでも清廉潔白、正義の人の鬼太郎。

一方、漫画版(特にこの漫画ぐらいの時代)では、むしろねずみ男に助けられている感もあります。
生活能力の薄い鬼太郎を、ねずみ男の悪知恵でなんとか食い扶持を確保するという図式がちらほら見られます。
もちろんねずみ男は基本私利私欲の為ですが、結果鬼太郎も飢えず食い物にありつけることもしばしば。

鬼太郎とねずみ男はいわゆる凸凹コンビですが、だからうまいことかみ合っているのでしょう。
このシリーズでは妖怪の話はあんまりみられませんが、その分貧乏が結びつけるへんてこ人情が強く印象に残りました。



ちなみになんだか感動した台詞。
敵のアジトに突っ込むこなき爺に対しての砂かけ婆の一言。
「子なき爺のやつ作戦もたてねえでまるで岡本太郎みてぇに情熱のおもむくままに飛び込むなんて」

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。