スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラッカー、人となりの姿  『知の巨人 ドラッカー自伝』

知の巨人 ドラッカー自伝 (日経ビジネス人文庫)知の巨人 ドラッカー自伝 (日経ビジネス人文庫)
(2009/07/01)
ピーター F ドラッカー

商品詳細を見る


歴史を紡ぐ


「マネジメントの発明者」が語るわが人生と経営の原点。波瀾万丈の人生とマネジメント秘話。 (「BOOK」データベースより)

日本では、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』でブームになったドラッカー氏の自伝です。
2005年に亡くなったドラッカー氏の最晩年に書き起こされた本。
95歳まで生きた氏が語る20世紀とは。


最近になって、初めてドラッカーという名前を知った人は多いのではないでしょうか。
私も、『もしドラ』でドラッカー氏の名前を知った口です。

時々、氏の著作に手を出そうとするのですが、数頁めくったところで頭がクラクラ…。
どうも専門用語は頭に入ってこず、ほかの著者による要訳本で、なんとなく何をした人かだけは知っています。
(分権化、目標管理、知識労働者、民営化などの言葉を生み出した人です。他にも、もっと社会に対して有益なことをたくさん提唱した偉い人です。)

この本で注目すべきは、ドラッカー氏の偉人たちとの接点の歴史。
今でも有名な、歴史に残る偉人たちとずいぶん会っているようです。

・心理学のパイオニア、ジークムント・フロイトと握手する
・ノーベル賞作家、トーマス・マンと出会う
・第二次大戦前、ナチスの宣伝相ゲッベルスにインタビュー
・第二次大戦前、ナチスのヒトラーにインタビュー
・英首相になる前のチャーチルに著作を評価される
・IBMの創業者、トーマス・ワトソンと口論する
・天才建築家、バックミンスター・フラーに出会う
・メディア論で有名なマーシャル・マクルーハンと知り合う
・大統領になる前のアイゼンハワーによって職を逃す
・ソニーの創業者、盛田昭夫と出会う
 etc…


大きな歴史の中で、偉人達の接点。
こういう歴史に名を残す人たちは惹かれあうものなのでしょうか。
(アイゼンハワーのせいで職を逃したというのには変な可笑しさがただよいます。)


この本は、ドラッカーの口述などを基に、牧野洋さんという方が文章にされたものです。
牧野さんの視点から見たドラッカーの人となりが書かれています。
家族を愛するドラッカー、ユーモアを忘れないドラッカー。
経済書や実用書だけからは見えてこない、20世紀の知の巨人の姿が見えてきます。




この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。