スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事を楽しむマインド 『プレイフル・シンキング』

プレイフル・シンキングプレイフル・シンキング
(2009/07/03)
上田 信行

商品詳細を見る


きっと、考え方が変わるはず。


「プレイフル」とは、物事に対してワクワクドキドキする心の状態のこと。教育工学の専門家である著者が、「働くこと」は「楽しい」という新しい価値観を提案します。(「BOOK」データベースより)


●楽しみながら仕事する

大学時代に、実際に著者の上田先生にお世話になったことがあります。
先生のお話を聞く中で、今まで自分のなかにあった固定概念というものが崩れたのを覚えています。

当時は、まだ若すぎたのでそのショックに若干の戸惑いがありましたが、現在では様々な場面で思い返すことがあります。
仕事などでアイディアを出すとき。また、大人数でプロジェクトを行う時など。
既成概念にとらわれた場作りでなく、いかにその場を楽しく演出し、そしてより上質のアイディアを出すことにつながるのか。実際の場においてその重要さがしみじみと感じられるようになってきました。

●プレイフル・シンキング

この本の中でもでてきますが、特に感銘を受けた部分。
仕事に取り組む上で、もちろん意識の変化も必要ですが、特にアイディアを出す場面などでの場作りの重要性にも触れられています。
四角四面の無機質な会議室。ホワイトボードを前に何時間もうんうん唸っているばかりでは良いアイディアはなかなか出ません。

たとえばそれが、とても楽しげに演出された部屋で行われていて、目の前には特性の料理が並べられています。みんな少しお酒を酌み交わしながらとてもリラックスした環境の中、自由に意見を言い交わします。
とても楽しい時間(プレイフルな時間)とともに、自由な空間のなかからは自由なアイディアがポンポンでてくるはずです。

わたしも意識していることですが、アイディアを出す上で一番の大敵はプレッシャーやストレスです。
緊張した状況では本当にいいアイディアは出ないものです。

アイディアが出やすいモノの中に「三上」というものがあります。これは馬上・枕上・厠上(馬の上、ベットの上、トイレの中)というものがあり、人が一番アイディアがでやすい場所とされています。
これらの状況は言い換えればリラックスしている時間帯とも言えます。

●柔軟になってみよう!

本の中で、とにかく楽しんで仕事をすることが勧められています。
思考の柔軟さを保つだけでなく、自己のステップアップにも楽しむことの大切さを説かれています。
仕事とは苦しいことだという固定概念がはらはらととれてしまう楽しさがこの本にはあります。

様々な技術が発達した中、よりアイディアや思考が求められる時代がやってくると思います。
そんな中、長く楽しくその世界をわたっていくには、このプレイフルマインドが必要なものだといえるでしょう。
仕事を楽しむために、より良いアイディアを出すようにするために、そして素敵なコミュニケーションをとるために。
プレイフル・シンキング』からはとてもとてもワクワクして、役に立つことが学べます。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。