スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Made by 私 『「好き」を仕事にする自分ブランドのつくりかた―準備から立ち上げ、軌道にのせるまでの「クリエイターの教科書」』

「好き」を仕事にする自分ブランドのつくりかた―準備から立ち上げ、軌道にのせるまでの「クリエイターの教科書」「好き」を仕事にする自分ブランドのつくりかた―準備から立ち上げ、軌道にのせるまでの「クリエイターの教科書」
(2010/12/20)
鈴木 淳

商品詳細を見る


「作って売る」を継続する

アパレル・雑貨に関わるクリエイター&中小企業へ。7年で54ブランドを育成した台東デザイナービレッジ村長の考えかた。(「BOOK」データベースより)


先日借りた『スピード・ブランディング』は自分という人間のブランディングの方法の本でした。
今回の本は、いわゆる世間一般で言われている”ブランド”というものの立ち上げ方から、継続していくまでのノウハウが書かれている本です。
著者は鈴木淳さんという方で、「台東デザイナーズビレッジ」という団体で沢山のブランドを育成してきた方です。

私も、最近とある縁で商品開発に関わりました。
地域性を出した商品だったのですが、いかにしてそれを打ち出すかが難しい。
コンセプトや、流通、原価コスト、地域性を活かしたブランドなど様々なことで頭の中がぐるぐるしていました。

特に個人的な規模になると、様々なことを自分でしなければなりません。
かと言って、まったく一人で行えばいいという話とも違います。
一人では、とてもじゃありませんが”売れ続ける”ものはできません。

様々な業種の人とのコネクション、密なコミュニケーションを通じて手を取り合ってこそ自分のブランドの商品が商業ベースに乗るのだと思います。
職人さんならば一点ものでも十分価値はありますが、デザイナーならば大量生産を目指さなければなりません。
多くの人に認知してもらうからこそブランドというものが必要になってくるのです。


本書ではアパレルファッション業界を軸に展開されています。
新しいブランドの立ち上げかた、ショップとの付き合い方、工場の選び方などなど。
なかなか知ることのできない、ブランドを継続していく方法が詳しく書かれています。

本書の中では厳しいことも沢山書かれています。
しかし、それを乗り越えてこそ初めて自分のブランドが世間に認知されるのでしょう。
そのための糧と思えば少々の厳しいことも修行と思って前向きに捉えられるはずです。

今ままで個人の作家として活動していたけれど、そろそろブランドとして大量生産を目指してみたい、この道で生きていきたいと思っている方。
そんな方に特にオススメする一冊です。



関連記事→自己ブランド確立 『スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる』
作品のブランド化と併せて、自分という人間のブランドも確立すれば、相乗効果が見込めると思います。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。