スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョジョの奇妙さの源 『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)
(2011/06/17)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る


そこにシビれる!あこがれるゥ!

荒木飛呂彦がこよなく愛するホラー作品の数々は、『ジョジョの奇妙な冒険』をはじめ、自身が描いた漫画作品へも大きな影響を与えている。本書では、自身の創作との関係も交えながら、時には作家、そして時には絵描きの視点から作品を分析し、独自のホラー映画論を展開する。巻頭には「荒木飛呂彦が選ぶホラー映画Best20」も収録。ホラー映画には一家言ある著者の、一九七〇年代以降のモダンホラー映画を題材とした偏愛的映画論。(「BOOK」データベースより)


ジョジョの奇妙な冒険』の作者で有名な荒木飛呂彦先生のモチベーションの源流にせまった本。
荒木先生の作品から感じるかっこよさ、不気味さはなんなのか。
単なる漫画表現を超えた、真に迫る恐怖感を感じる時があります。

本書で熱く語っておられますが、荒木先生はとってもホラー映画がお好きなよう。
各映画についての解説に熱がこもっています。

特に、ゾンビ映画の章ではその強い情熱が伝わってきます。
ゾンビというのは他の怪物(吸血鬼、狼男等)と比べて動きも鈍ければ、一個としてのインパクトも薄いものです。(腐乱したヴィジュアルには驚かされますが)
しかし、ゾンビの特徴として集団で襲ってくるというものがあります。
奴らは、個々ではそれほど恐怖感が沸き立ちづらいですが、時には街の住人全部ぐらいの集団で生者を取り囲むことがあります。その時の恐怖たるや…。

荒木先生は、その無個性の集団からわきでる不気味さこそが、ゾンビ最大の魅力だと言っています。
朝の通勤ラッシュなどで、ふとスーツ姿のサラリーマンの団体に感じる、皆が同じに見えると感じるような、不気味さに通ずるものがあるのかもしれません。

(一方で近年の映画のゾンビは、死んだときの状況がわかるものが多いです。
その着ているものからは職業が、姿かたちから人種や年齢が、また腐乱具合によって死後どれだけたっているまでバリエーション豊富にとりそろっています。
そういう、生活感がふっと感じるところもゾンビの面白さのひとつであるとも解説があります。)


この他にも様々なジャンルのホラー映画に対して持論が展開されていきます。
その文章を読んでいると、ジョジョに潜む、怖さ、不気味さ、面白さの源流がわかるような気がします。
ここまで情熱を持ってホラーというジャンルを愛するからこそ、漫画でも昇華された表現で我々の感情をドキドキさせてくれるのでしょう。



関連記事→ルーブル×漫画 with ジョジョ  『岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス)』
      へんちきが好きでおま 『変人偏屈列伝』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。