スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所変われば品変わる 『東洋脳×西洋脳―多極化する世界で生きるヒント 』

東洋脳×西洋脳―多極化する世界で生きるヒント (中公新書ラクレ)東洋脳×西洋脳―多極化する世界で生きるヒント (中公新書ラクレ)
(2011/03)
茂木 健一郎、加藤 徹 他

商品詳細を見る


ちょっとした、大きな違い

脳科学者と中国文学者が東洋・西洋の普遍について縦横無尽に論じ合う。テーマは「漢字の凝縮力」「見える世界、見えない世界」等。多極化する世界における思考のエクササイズが一冊に。(「BOOK」データベースより)


中国をベースにして、東洋と西洋の思考の共通性、独自性に迫った本です。
人種のお国柄なんかは、わりと色々な本などで取り上げられることはあるのですが、東洋と西洋をざっくりわけて論じた本は初めてでした。
脳科学者の茂木さんと中国文学者の加藤さんが論じることで、テーマが立体的に広がっていき面白いことになっています。

タイトルの『東洋脳×西洋脳』の”×”を見てVSなどの意味に捉える人もいるかもしれません。
しかし、ここでの”×”は掛け合わせるという意味での”×”として使われているそうです。
東洋脳と西洋脳を比較するだけではなく、それらを掛け合わせたハイブリット思考を目指そうじゃないかといった感じでしょう。

この中で面白いなぁと思ったのが「仁」の思想についての話。
たとえば、日本人などは立派な科学者や技術者にたいしては、道徳的にも優れた聖人君子を期待してしまうところがあるといったこと。
世界の偉人伝などを見ては皆聖人君子だろうと思い込んでいる節があります。
しかし、実際のところ、たとえばニュートンなどはあまりよろしい性格ではなかったとのこと。
日本人は、ニュートンの科学的成果だけをみて、勝手にニュートンは聖人君子であるのだろうという幻想をいだいてしまうとのこと。
この考え方なんかは「仁」を重んずる東洋的な思想のようです。


この本では東洋脳の参考として中国を多く扱っています。
そのため中国の歴史的知識に関することが多く出てきます。
私はあまりその方面に明るくないので、けっこうわからない部分も多くありました。
世界史の本などと併用して読むと理解度が深まるかもしれません。


関連記事→茂木哲学 『脳と創造性 「この私」というクオリアへ』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。