スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖地産地消ヒーロー  『奇跡のご当地ヒーロー「超神ネイガー」を作った男~「無名の男」はいかにして「地域ブランド」を生み出したのか』

奇跡のご当地ヒーロー「超神ネイガー」を作った男~「無名の男」はいかにして「地域ブランド」を生み出したのか~奇跡のご当地ヒーロー「超神ネイガー」を作った男~「無名の男」はいかにして「地域ブランド」を生み出したのか~
(2009/05/21)
海老名 保

商品詳細を見る


好きだからヒーローになりました

海を、山を、秋田を守る正義の地産地消ヒーロー、超神ネイガー。「泣ぐ子はいねぇがぁ~?」から生まれたなまはげのヒーローは、デビューから3年で、テレビ、CM、ゲーム、CD、関連グッズなどあらゆる地元産業に進出。その経済効果は数億円!県民に熱狂的に愛されるヒーローはなぜ生まれたのか。プロレスラー、アクション俳優、スポーツジム経営に挫折した男が逆転勝利をつかむきっかけは―?地域ビジネス成功のヒント満載。(「BOOK」データベースより)


著者の海老名保さんは超神ネイガーの生みの親にして、ご当地ヒーローのパイオニア的な方です。
幼少期より仮面ライダーやタイガーマスクなどにどっぷりとハマる。その気持ちがベースとなりプロレスラーとしての道に進むが怪我で無念の挫折。
しかし海老名さんはそこであきらめず、アクション俳優、スポーツジム経営を経て己の肉体と昔から好きだったヒーローの知識を活かし『超神ネイガー』を生み出します。


この超神ネイガーの素敵なところはカッコイイところに尽きると思います。
ご当地ヒーローは47都道府県を見渡すといたるところに存在します。
しかし、悲しいかな市町村の役所の方々が作ったようなものが多く、正直かっこよくないヒーローが多いのが現状です。
その中で、突出してカッコイイデザインと他の追随をゆるさないアクションパフォーマンスで超神ネイガーの人気は全国区のものとなっています。
ご当地ヒーローとしては最も成功した例の一つといっていいでしょう。

本書には海老名さんのブランディング哲学が色々と載っています。
たんなる商売という枠組みでなく、地域というものの捉え方や仕事を愛する姿勢など海老名さんの熱い情熱が伝わってくる内容です。

ご当地ものというジャンルはゆるやかなブームになっています。
ご当地ヒーローやゆるキャラなどは、見渡してみると本当にどこの地域にいっても見つけられるようになってきました。
しかし、それをブームだけで終わらせてしまってはいけないと思います。
着実に地域に根付かせて、それをビジュアルプロモーションに地域ブランディングに一役買うぐらいの存在まで育て上げてこその「ご当地もの」だと思います。

なかなか思っていてもできないのが現状。
しかしそれを成し遂げた人がこの本を書いているのです。
「ご当地もの」関係に携わり、いまいち成果を挙げられず悩んでいる方。または、これから作ろうとしている方。
何かをつかめるヒントがあるかもしれません。


関連記事→地域の数だけ正義の味方 『ローカルヒーロー大図鑑』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。