スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thank You, Steve. ジョブズの評伝  『スティーブ・ジョブズ I』

スティーブ・ジョブズ Iスティーブ・ジョブズ I
(2011/10/25)
ウォルター・アイザックソン

商品詳細を見る


伝説の真相へ

取材嫌いで有名なスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。全世界同時発売!
未来を創った、今世紀を代表する経営者スティーブ・ジョブズのすべてを描き切った文字どおり、最初で最後の一冊!!(Amazon内容説明より)


●心待ちにした一冊

これほど、発売を待ち焦がれた本は久しぶりでした。
Amazonから本書が届いたときには、胸がワクワクし素敵なプレゼントを手にした時のような気分になりました。

一頁、一頁大切に読み進めスティーブ・ジョブズという人となりを噛み締めました。
これまでに数冊ジョブズ関連の本を読んでいますが、これほどまでに詳細かつ濃密な内容のものはありません。
ジョブズ全面協力によってこれまで推測とされてきたことにも言及されていて、様々な語り継がれる出来事の真実に迫ることができます。

話のはじまりは、ジョブズが生まれる前の話から。
実の親は若くしてジョブズを生んだため、彼は養子に出されます。
養子として、それでも愛情を沢山受けて育った幼年期。禅やスピリチャルな事に傾倒していく青年時代。盟友ウォズニアックとの出会い。アップル創業。Macなどのヒット商品を出すものの、経営方針の違いによりアップルからの追放。ウィンドウズという模倣者の裏切り。どん底からの再起をかけてのネクスト設立。そしてピクサーも作り、トイストーリーのヒットで再び成功への道を歩み出すまでが『スティーブ・ジョブズ I』では描かれています。

●ジョブズという男の本質

本書はジョブズの評伝であり、事実に基づいて書かれたものですがとてもドラマティックな出来事の連続で息を飲みます。
「宇宙に衝撃を与えたい」という信念のもと、強烈な自己を武器に周りを巻き込んできました。

冷酷で残忍な面もあり、まわりから恐れられながらも情熱と「現実歪曲フィールド」とよばれるジョブズの他人の実力を限界以上に引き出す力によって、彼は多くの人から支持されました。
他人を鼓舞するとき、他人を罵倒するとき、夢を語るとき…数え切れない名言が生まれ、様々なエピソードは思わず胸が熱くなるようなものばかりでした。

ここで語られている出来事の何かひとつでも違えば、我々のライフスタイルは全く違うものになっていた可能性があります。本書で書かれていることは、現代のパソコン社会ができるきっかけとなった重大な出来事の数々ばかりです。
ジョブズの巻き起こした様々なドラマは、今私たちが”パソコンを楽しむ”という形になって息づいています。

これは評伝であり、実用書、ビジネス書、経営書、人生哲学など様々な要素を併せ持った比類なき本だと言えるでしょう。
身の回りにアップル製品がある方には、その製品にどのような思いが込められているのかというのを知る意味でも是非読んでいただきたい一刷です。

(Ⅱはもうしばらく後に発売されるので、また別で感想を書きたいと思います。)


関連記事
「iPod。1000曲をポケットに。」というシンプルさ 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』
伝えていきたい、ジョブズ名台詞 『スティーブ・ジョブズ名語録(PHP文庫)』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。