スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある男の 生き様 『スティーブ・ジョブズ II』

スティーブ・ジョブズ IIスティーブ・ジョブズ II
(2011/11/02)
ウォルター・アイザックソン

商品詳細を見る


彼は世界を変えることができた


アップルが成し遂げたこと。
コンピューターは専門的な難しいものではなく、日常のものにかわりました。
音楽は、どれだけでも持ち運べて楽しめる時代になりました。
携帯電話はその次元を一つ高めました。
アップルという会社はこの世界の楽しみと美しさの領域の余地を少し広げてくれました。

前回の『スティーブ・ジョブズⅠ』の続きとなる本です。
Ⅰでは、アップルを追放されたジョブズがネクストとピクサーを立ち上げ、トイストーリーのヒットを収めるまでが描かれていました。
Ⅱではその後アップルに復帰したジョブズの人生の全てが描かれています。

本書では、今までに知られることのなかった一人の人間、一人の父親としてのジョブズが多く描かれています。
冒頭には数枚の家族で撮った写真が載っています。
その姿は、人々を熱狂の渦に巻き込むカリスマCEOの時とはかけ離れた穏やかな笑顔が見られます。

ジョブズは癌に侵され、自分の人生が残り少ないことをさとります。
父親として、子供たちに何がしてやれるか。
妻にどれだけの感謝の気持ちをもっているか。
私は家族をどれだけ愛しているのか。
作者のアイザックソンに思いを語るジョブズには、世間で知られる厳しいカリスマの姿とはかけ離れた、生を慈しむ一人の人間の姿が浮かび上がります。

iPhone4に電波受信に関する不具合が起こるという問題がありました。
その問題に取り組む現場に、ジョブズは高校生になる息子を同席させます。
おやじがどういう仕事をしているのか、息子にはそれを見せてやらなきゃいけない
このエピソードとセリフは、子供に何か大切なものを伝えたいと思う、父親としてのジョブズの愛がつまっています。
(本書に取り組んだきっかけは、子供たちに自分の姿を伝え残しておきたかったからだとも語っています。)

読み進めていくうちに、何度も胸が熱くなりました。
残りのページ数が少なくなるに連れて、一つの物語が物語が終幕に近づいているのだと寂しさがこみ上げました。
最後のページはジョブズの”とある思い”で締めくくられていました。
ジョブズという人間の物語はこの本で終わり、続きがでることはありません。
私は一アップルファンとして深い寂しさを覚えます。

しかし、これから先もアップルスピリットが連綿と続いていくことを願います。
スティーブ・ジョブズという偉大なる人物が作り上げた、その精神を失うことなく輝き続けて欲しい。
ジョブズが生み出したスピリットは途絶えること無く、次世代に受け継がれていくことでしょう。

Thank you steve


関連記事
Thank You, Steve. ジョブズの評伝  『スティーブ・ジョブズ I』
「iPod。1000曲をポケットに。」というシンプルさ 『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』

この記事へのコメント

- ジャイ - 2011年11月06日 21:50:56

Ⅱも、早速お読みになったのですね。ジョブズ氏へ対する深い愛情(?)が伝わってきます。
私も読んでみたいです。
ジョブズ氏に限ったことじゃないのですけど、ときどき、人とは死んで完成するものなんだろうか…と感じます。
偉大な人間の生き様や信念を綴った記録とは、ノンフィクションであるはずなのに、時に小説よりも心を揺さぶることがありますね。

- 図書館男子 - 2011年11月06日 22:27:55

ジャイさん、コメントありがとうございます☆
大学生の時からジョブズのファンだったので、今回の訃報はショックでした。
死という完結の形でなく、その先にある”意思を継ぐ”という形を、私はアップルに強く望みます。(多分多くのアップルファンの望みでしょう。)

ジャイさんのおっしゃるように、ノンフィクションだからこその強い感動を覚えました。
僕の中では今年読んだ本の中で一番心揺さぶられた一冊です。
(ちょっと個人的思い入れが強いですが…おすすめです☆)

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。