スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわてない、あわてない 『平常心のレッスン』

平常心のレッスン (朝日新書)平常心のレッスン (朝日新書)
(2011/10/13)
小池龍之介

商品詳細を見る


あるがままに

プライド(慢)、支配欲、快楽への欲求、そして「死にたくない」という思い―。自分のあるがままの心を見つめ、受け容れていくと楽になる。心を苦しめるものの正体を知り、平常心を身につけるための実践的な方法をやさしく説く。 (「BOOK」データベースより)


現代社会は、様々な欲望、欲求、刺激で満ち溢れています。
それを刺激し、自己を満たすことこそが幸福であると錯覚しがちな昨今。
それらの刺激に流されず、穏やかに満ち足りた状態に自分を導くための一冊です。

著者の小池龍之介さんは普段はお坊さんをしてらっしゃいます。
仏教的観点と脳科学的観点からあわせた、理にかなった平常心の効能を解説されています。

この本を読んでいくと、今の現代は本当に欲と刺激に満ち溢れた世の中だなぁとつくづく感じます。
色々なものがあって、便利だし、楽しいことも沢山。
でそれらにふりまわされて、世の中全体が若干疲れ気味になっているようにも感じます。

多分、良いことや悪いことに一喜一憂してはしゃぎすぎなんですかね。
良いことがあったら天にも昇る気持ち、悪いことがあったら地の底に沈む感じ。
こんなことを繰り返していては確かに心身ともに疲れてきます。
(私にも覚えがありますし…)

そこで、本書のテーマ「平常心」。
ようは何が起ころうと、慌てず騒がず落ち着きなさいよ、っと。
普段からの心がけで、世の中の刺激に振り回されず自分をコントロールする方法を身につけようではないかということです。

しかも、平常心のコントロールを心がけることによって喜怒哀楽の「楽」の部分が鍛えられるそうです。
「楽」を鍛えれば、日々おっとり穏やかに過ごせ、気持ちの良い心持ちで物事に向き合えるそう。
毎日がおっとり満ち足りているのだから、日常の雑多な刺激に振り回されることは自然と無くなってくるという訳です。


本書では、その考え方や実践の仕方が様々書かれていました。
しかしそれらは読んだだけでは意味がないと。大切なのは毎日心がけて実践するとだとしてあります。
たしかに、読んだだけで身につくようなものは二三日もすりゃ消えてしまうでしょう。
毎日の心がけで、自然に自分を平常心の状態であるようにもっていきたいものです。


関連記事
Do feel 『考えない練習』
取得物 6月13日 how to 坐禅!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。