スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発注する側にも 『デザインセンスを身につける』

デザインセンスを身につける (ソフトバンク新書)デザインセンスを身につける (ソフトバンク新書)
(2011/09/20)
ウジ トモコ

商品詳細を見る


デザインセンスというものの一つの答え

ツイッターやフェイスブックのアイコン一つにも「デザインセンス」は現れるもの。一億総表現社会の到来といわれるネット時代、誰もがデザインセンスの重要性を語る一方で、どうすればセンスがよくなるのか、そもそもセンスとは何なのかは、あまり理解されていない。今こそデザインの要諦「トーン・アンド・マナー」を学び、センスを磨くための考え方とノウハウを身につける。(「BOOK」データベースより)

●身近なことからデザインを

会社の代表者であり、アートデレクター、デザイナーでもあるウジトモコさんの本です。
よく「デザインセンス」という言葉を耳にしますが、はたしてそれがどういうものなのか。
著者の経験による、誰にでも役に立つデザインセンスがわかる本です。

私自身、デザインの仕事をしていますが、「デザインセンスって何?」と聞かれると、具体的な答えに詰まってしまいます。
感覚的には分かっていることなんだけれども、具体的に説明するとものすごくややこしくなってしまいそう。
デザインに携わる人間でさえ、結構この部分をずばっと言える人は多くないと思います。

この本で、ウジトモコさんは非常にわかりやすい例や身近な事例をあげて、一般向けにわかりやすく解説されています。
わかりやすいと言っても、軽い内容ではなく、デザイン関係者が見ても納得できる、とても良いことが沢山かいてありました。

例の中に、フェイスブックやツイッターなどのアイコンの話がでてきます。
アイコン一つとっても、その人の評価を左右するものとなってきます。
本書で取り上げるデザインセンスの事例を身につけることができたならば、まずアイコンの時点でその他大勢から一歩抜け出せることができるでしょう。
周りを見回してください。アイコンで損をしている人がたくさんいるはずですから。。。

●センスとは?

デザインセンスと聞くと何か特別な才能を思い浮かべる人もいるかもしれません。
しかし、デザインセンスと言われるものの大多数は、知識と技術と思いやりを学べば誰にでも身につくものではないかと感じました。
それを身に付ければ、デザインだけでなく、ビジネス、プライベートに置けるまでワンランク上の評価を得ることができるでしょう。
本書はそれらのきっかけにちょうどいいボリュームだと思います。


関連記事
Made by 私 『「好き」を仕事にする自分ブランドのつくりかた―準備から立ち上げ、軌道にのせるまでの「クリエイターの教科書」』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。