スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デザイナー日和 『四万十日用百貨店』

四万十日用百貨店四万十日用百貨店
(2009/11)
迫田 司

商品詳細を見る


大自然を扱う

四万十川支流沿いの小さな谷「イチノマタ」に住むデザイナー・迫田司が執筆し、高知新聞に連載されたエッセイ「四万十日用百貨店」を収録。そこで紹介されたモノを集めて開かれた個展(東京)にいたるいきさつを書き下ろす。「田んぼを始めてデザインが変わった」という自称「百姓デザイナー」の痛快エッセイ。(「BOOK」データベースより)


●田舎で暮らすデザイナー

高知県は一ノ又。
自然に囲まれた中で、一人のデザイナーが暮らしています。
その人の名は、迫田司さん。
デザイナー視点から描く、自然を上手く利用した生活のエッセイです。

迫田さんは半自給自足の暮らしをしているそうです。
そこで、昔ながらの道具を使いながら、自然のエネルギーをうまく使う生活を実践しています。

昔ながらの道具が、どういう用途で使われ、そしてそれを使う人間はどんな恩恵をうけているか。
デザイナーならではの、「何の為にモノがあるか」という視点から、昔ながらの生活の合理性や素晴らしさを伝えてくれています。

●便利とは何か?豊かとは何か?

私もたいがい田舎で暮らしていますが、この一ノ又というところは、さらに自然豊かなところのよう。
山の幸、川の幸、そして畑の幸などだけで、人が十分満ち足りて暮らしていけるような豊かさがあります。
(川にいけば、鮎やうなぎがうようよいるとか)

迫田さん自身はデザイナーなので、一定量の電気は必要なのですが、その他の生活用途はできるだけ自然エネルギーを利用しているようす。
それらを、自分たちだけで楽しむのではなく、他の人を招いて体験してもらう試みを実践しています。
「木賃ハウス」と呼ばれる迫田さんの家を訪れる人は、労働でお返しをします。薪をわったり、水を汲んだり。
お金のやりとりはなく、心尽くしのやりとりが、この豊かな場所を形作っていくのです。

●伝えられてきたこと、伝えていくこと

日本のほとんどの地方から消えつつある、昔から受け継がれてきたモノのデザイン、システムのデザイン。
モノは農具であったり、家を作る技術であったり。システムは風習やまじないごとであったり。
それらを、ただ後世に伝えるだけではなく、現代でも使えるものとして実践していくということ。

迫田さんの毎日は、日本のデザインの本質に迫る生活、そんな感じがしました。



関連記事
地方を輝かせる為に 『ろーかるでざいんのおと 田舎意匠帳―あのひとが面白い あのまちが面白い』
ありそうでなかった発想 『月3万円ビジネス』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。