スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”創る”を仕事にする人の心構え 『自分の仕事をつくる』

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)自分の仕事をつくる (ちくま文庫)
(2009/02)
西村 佳哲

商品詳細を見る


手を抜かないということ


仕事とはなにか。「いい仕事」はどこから生まれるのか。仕事を「自分の仕事」にするためにはなにが必要か。八木保を、柳宗理を、ヨーガン・レールを、パタゴニア社を、ルヴァンを、象設計集団を、さまざまな「いい仕事」の現場を訪ねた貴重な記録。働き方が多様になってきた時代、迷ったら立ち戻りたい働き方のバイブル。文庫化にあたり10年後のインタビューを2本追加。(「BOOK」データベースより)


●「こんなもんでいいでしょ」は伝わる

『自分の仕事をつくる』というタイトル。
一見すると、「こういう職につくにはどうしたらいいか」のようなhow to 本のように感じるかもしれません。
しかし中身は、己の仕事との向き合い方について、各業界の第一人者達の心構えや働き方が載った本です。

しょっぱな、成果物からその人の心構えが見えることを指摘しています。
「こんなもんでいいでしょ」って思いながら仕事している人は、できあがるものも「こんなもの」程度のもの。
心構えは、自分の仕事の結果に大いに影響し、それを受け取る人にも伝わると言っています。

仕事をしながら、時々「めんどいなぁ」とか思うこともあるかもしれません。
しかしそれは、微妙なところで仕事内容に響いてくるかも。
出来上がったものから「めんどい」感じが滲み出ていたら…受けてはいい気がしません。

●「仕事をつくる」という意味

本書では、クリエイターや作家、デザイナーを中心に仕事現場が紹介されています。
紹介されている人々は、皆第一線で活躍されている方々。”いい仕事”をする人ばかり。
その人たちの心構えや働き方を見ていると、タイトルの「仕事をつくる」の意味がだんだんと分かってきます。
ただ漠然と働くだけでは仕事をつくることはできません。
確固たる、ポリシーや哲学が内在されて、仕事はつくられていきます。

本書(単行本版)が最初に出たのは2003年。
もう、10年ほど昔の本ですが、古さは全く感じません。
働くという行為がある以上、ずっと普遍的なものをたたえた本であると言えます。

仕事をする人、働く人。
とくに何かを作り出す職種(クリエーター、職人、製造業、料理人、農家etc)の人々に読んで欲しい本です。


関連記事
的を外さない為に 『売れるデザインのしくみ -トーン・アンド・マナーで魅せるブランドデザイン-』
地方を輝かせる為に 『ろーかるでざいんのおと 田舎意匠帳―あのひとが面白い あのまちが面白い』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。