スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱固定 『ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと』

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと
(2012/03/16)
本田直之

商品詳細を見る


定まらない。それがいい。


『レバレッジ・リーディング』から5年、ハワイ“移住”から5年。本田直之が初めて明かす、「自分で選ぶ人生」のつくりかた。 (「BOOK」データベースより)


●ノマドライフって何?

「ノマド」って何となく聞いたことあるけれど、具体的には知りませんでした。
本書では、仕事や生活において、時間や場所に拘束されない生き方「ノマドライフ」の良さや心構えについて説かれています。
(このような新しいライフスタイル提案型の本の表紙って、ボール紙風のテクスチャのものが多いです)

著者の本田さんは、日本とハワイを行ったり来たりしながら、仕事や生活に固定されない「ノマドライフ」実践者。
魅力的なその生き方を紹介しつつ、そのために何が必要かを、丁寧に解説しています。

「場所に固定されない」って結構すごいこと。
人、特に勤め人とは、これまで固定された場ありきで仕事をするのが当然とされきました。

しかし、技術の進歩で、ノートPCやwifiルーター、iphoneなどを使って、基本的にどこでも仕事できるインフラは整っています。
パソコンも今や、デスクトップもノートPCも大差なく活用できる時代。ノートPC片手にがんがん外で仕事することは可能な時代なのです。

ただ、それを実践する、システムが社会に少ないだけ。
加えて固定概念が、従来型の時間場所制約スタイルからはなられられなくしてるのではないでしょうか。

●「勇気」と「脱固定概念」

本書を読む限り、ノマドライフで必要なものは「勇気」と「脱固定概念」のようです。
お金とか、条件とかそんなものは二の次で、「勇気」と「脱固定概念」がなければとてもじゃないがノマドなんてできやしない。
「ノマドな生活あこがれるけど、自分じゃとてもできないなぁ。」という固定概念を捨てることがノマドライフの第一歩です。

こういう生活が合う合わないは人それぞれ。
ただ、「知っている」のと「知らない」のとじゃ知っておいたほうが良いはず。選択の余地が生まれます。

人によっては、日中コンクリ張りのオフィスから一歩も出ないということもあるでしょう。
それが一年中続く。くる日もくる日も人工的な光の下で、PCとにらめっこ。
今日は晴れだったのか、雨だったのかもよくわからないようなライフスタイル。

「どこでも仕事できる技術は整っているのに、なぜ毎日この場所で仕事をしているのだろう。。。」
なんて、思っている人がこの本を読むと、目からウロコが落ちるかも。
わかっちゃいるけど。。。なんて人にもノマドラフの道が開ける可能性が、この本には詰まってます。


関連記事
ありそうでなかった発想 『月3万円ビジネス』
地デザイナー日和 『四万十日用百貨店』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。