スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーマーケティングを意識して 『心をつかむ色とデザイン~商品力・サービス力を磨くためのスキルアップ講座』

心をつかむ色とデザイン~商品力・サービス力を磨くためのスキルアップ講座心をつかむ色とデザイン~商品力・サービス力を磨くためのスキルアップ講座
(2012/03/24)
松本 英恵

商品詳細を見る


戦略的な色選び

パーソナライズされた生活者ニーズの時代に即したカラーマーケティングが身につく。人々を魅了するデザインづくりの実践教科書。(「BOOK」データベースより)


●その色、どんな色

商品があるとします。
そのデザインには色があります。
あなたはどんな印象をうけるでしょうか。

ちまたの製品には色とりどりの色が使われています。
しかし、それはやたらめったらに適当に付けられたものではありません。
それは季節であり、トレンドであり、価格であり、ターゲット層であり、機能であり etc…
様々な要因や戦略によって意図してつけられたカラーリングなのです。

本書では、日常生活でそれほど意識しないような、デザイン上のカラーリングについて様々な角度から解説されています。
また、配色や色相、色調の変化から生まれる、色彩の感じ方など、理論的なことについても触れられています。

●ニュアンスをつかむ

カラーリングの部分は、デザインをやっている人でしたならば、割と日常から意識していることばかりです。
なのでタイトルにある「スキルアップ」はデザイナー以外の人を対象とした意味だと思います。
”デザインスキル”がアップする類の本ではありませんでした。
ただ、本書でとりあげているブランディングの部分はちょっと面白かったです。
(A Model of Brandというブランド・コンセプトマップを元にした説明等)

どちらかと言えば、個人商店など経営している人に読んで欲しい本かなっと感じました。
色彩の基礎だけでなく、そこでどんな効果(イメージ)が生まれるかなどの解説もあるので、自分で色々やる人には結構使えるかも。

たとえばの話”赤”っていうのは概念かもしれません。
赤い色にでも、夕焼けのような赤やもみじのような赤、バラの赤など沢山の赤味があります。
その微妙なニュアンスを使い分けていくことが、心をつかむことにつながっていくのかも。
「赤は赤だろ。」って思い混んでいる人には意識変化になるかもしれません。


関連記事
的を外さない為に 『売れるデザインのしくみ -トーン・アンド・マナーで魅せるブランドデザイン-』
発注する側にも 『デザインセンスを身につける』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。