スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落語漫画の決定版 『寄席芸人伝』

寄席芸人伝 1 改版 (中公文庫 コミック版 ふ 3-11)寄席芸人伝 1 改版 (中公文庫 コミック版 ふ 3-11)
(2008/04)
古谷 三敏

商品詳細を見る


可笑しみと悲しみをひっくるめて


寄席を舞台に、話芸に全てを賭ける噺家たちの生き様――師弟関係、友情を軸に、人生の喜怒哀楽を名作落語の筋に重ねた芸人列伝。〈解説〉林家木久扇 (出版社 / 著者からの内容紹介)



●シンプルだから広がる世界

落語の漫画ではこれが一番だと思っています。
『BARレモンハート』や『ダメおやじ』の作者で有名な古谷三敏さんが描く、深い噺家の世界です。

この本に出会ったのは一年ぐらいまえ。
コンビニで、セレクト版のようなものが出ており、買ってみることに。

古谷三敏さんの漫画をご存知の方ならお分かりでしょうが、古谷さんの描くキャラクターは基本的にとてもシンプル。
目なども、点で表現されたり、姿かたちは3等身ばかり。
かなりデフォルメされた表情でも、そのパターンは限られてきます。

なのに、ストーリーと混じり合うことで、驚くほどの繊細さを持ったキャラクターへと変わっていきます。
別に絵柄が変わるわけじゃない。ただ、ほんの少しキャラクターの心情にあわせて、表情が変化するのです。
そのほんの少しの動きが、なぜかこころに迫る表情に。

嬉しいときは、はちきれんばかり嬉しがり、悲しい時には胸が締め付けられる悲しさが伝わってくる。
3等身のキャラクターで、これほど多彩な心情を表現し分けるのには驚かされました。

コンビニで買った漫画のセレクト集などは、一度読んで捨ててしまうことが多いのですが、これにははまってしまいました。
セレクト集の他の号を買おうとしても、コンビニ本なので普通の書店には売っていません。
今でも古本屋に行くたびに、『寄席芸人伝』コンビニverを探し求めています。(たまに見つけるとすごく嬉しい!)

●味のある漫画

本書は一話読み切りタイプ。
一つの話で、一人の噺家の生き様が描かれています。

描かれているストーリは完全なフィクションではなく、一部実際に起こった話も。
名人古今亭志ん生などの実在の噺家の人生を元にした話もいくつかありました。
楽屋描写や噺家の符牒など、細かい部分にもリアリティーがあるので、全体の物語として一本筋の通った力強さがあります。

江戸、明治、大正、昭和。
様々な時代の噺家が、その時代を一所懸命に生き抜いています。
時にコミカルに、時に物悲しく。
落語という芸能に生きる男たちの哀愁に満ちた姿からは、人間くささが漂ってきて、それが古谷さんの絵柄と合わさって、なんとも言えない魅力ある漫画になっています。


関連記事
噺家生活入門 『どうらく息子 』
艶やかなりし、噺の世界 『昭和元禄落語心中』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。