スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『一日江戸人 (新潮文庫)』~江戸の楽しみを知る ~

一日江戸人 (新潮文庫)一日江戸人 (新潮文庫)
(2005/03)
杉浦 日向子

商品詳細を見る


細かいところに粋が宿る


現代の江戸人・杉浦日向子による、実用的かつ、まことに奥の深い江戸案内書。江戸美人の基準、三大モテ男の職業、衣食住など、江戸の人々の暮らしや趣味趣向がこれ一冊でわかる。さらには「殿さま暮らし」は楽かの考察(「将軍の一日」)、大奥の仕組み(「ザ・大奥」)、春画の味わい方(「春画考」)まで。著者の自筆イラストもふんだんに盛り込まれ、居ながらにして気分はもう江戸人だ。(「BOOK」データベースより)


「新潮文庫の100冊」収録


●I LOVE 江戸

毎度のことながら、江戸が好きです。
最近特に、その傾向が強くなりつつあります。

落語が好きなのもあるのですが、この当時のデザインが好き。
いまでいう印刷媒体などの巧みな装飾、色彩、構図、コンセプト。
今では、大分失われた遊び心がまだまだふんだんに感じられるからです。
本書は『一日江戸人』ってタイトル通り、気楽に当時の日常生活がわかります。

杉浦日向子さんという方は、漫画家であり江戸風俗に精通されていたお方。
お堅い文学者や研究家の江戸本は数あれど、この本はとても読みやすい。

軽快な文章と、杉浦さんの漫画やイラスト。
このイラストが秀逸。いまいち文章では解りづらいことや、当時の浮世絵などでは詳しく判別できない当時の様子を明快に見せてくれます。
(浮世絵などで解説してくれている本もありますが、いまいち情報としてわかりづらいことも多いので、イラストでの説明は本当にありがたい)
テンポよく、当時の様子が描かれているので、一日で読み切ってしまう面白さです。

●肩の力をぬきませう

江戸のお仕事や趣味にファッション、食に恋愛、旅に粋。
それぞれに細かい説明の載ったイラストがついていて、当時の情景がどんどん頭に染み込んできます。
(江戸の小遣い稼ぎのようなもので「親孝行」というものがあります。落語でその存在はしっていましたが、イラストで見せられるとなんともまぬけで面白い)

面白いなぁと思ったのが、当時の人の身だしなみ。
髷の状態を、いつでも「二日前に床屋へ行ったような」状態を保つことが良しとされていたよう。
そのへんの奇妙なこだわりに、当時の粋を感じます。

全体を通して、一貫した遊び心に溢れていますね。
四角張って、堅苦しく生きていない。わりとすいすい小粋に生きることを理想としている。
お金はないけど、知恵を出して面白いことを考えてその日その日を楽しく過ごす。
生活全てに創意工夫と遊び心が感じられ、江戸という時代の魅力が存分に伝わってきます。
読み終わった頃には一日でいいから江戸を散策してみたいという思いが沸き起こるでしょう。
(最近は、江戸の暮らしがどうだったのかといったドラマがちょくちょく放映されているので、その度に江戸へのあこがれはつのります。。)

江戸のことがいろいろわかるし、なおかつ読み物としても面白いってのが良い。
なんだか、息抜きしたいなぁって時に、読んでみると、肩の力がぬけるような、そんないい意味の脱力も含んだ本です。


関連記事
野暮は嫌です 『粋に暮らす言葉』
貨幣価値からお江戸が見える 『江戸の卵は1個400円! モノの値段で知る江戸の暮らし』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。