スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大江戸観光 』~江戸のサブカルとか~

大江戸観光 (ちくま文庫)大江戸観光 (ちくま文庫)
(1994/12)
杉浦 日向子

商品詳細を見る


気楽ぅに見てらっしゃい

ちょっと江戸を散歩してみませんか。理屈や趣味やウンチクにとらわれるよりも、はとバスにでも乗った気分で出かけてみましょう。名ガイドが、明るく案内する浮世絵、歌舞伎、戯作、怪談、珍奇なものたち…遠い昔の江戸の街が、ホラ、こんなに身近で、愉快なワンダーランドだったなんて…。タイムマシンに乗って、別天地へようこそ。 (「BOOK」データベースより)


●通人、杉浦日向子

前回に続いて、杉浦日向子さん。
『お江戸風流さんぽ道』が日常をテーマにしたものならば、『大江戸観光』は江戸の人々の趣味やサブカルにつっこんだ内容となっています。

イラストもあり、何より内容が面白い。
現在では廃れてしまったけれど、当時流行していたものなど。
今からみると珍奇に見えるものもありつつ、不思議な新しさが感じられる一冊。

趣味とかサブカルって、結構深いところにあるもの。
現代のサブカルも好きな私は、当時のサブカルを見てもすごくワクワクします。

ところどころに、杉浦日向子さんの挿絵。
時に色っぽく、時にユーモラス。
本当に江戸への愛にあふれた絵は、それだけ見ていても楽しい気分になってきます。

●古いものとして捉えるのではなく…

エッセイに近い語り口で、杉浦日向子さんの江戸話がつらつらと。
芝居だったり、お化粧だったり、タバコの吸い方だったり・・・
何のへんてつもないようなことですが、その全てが江戸時代のものの紹介。

本とか芝居の流行をとりあげたとしても、それは西鶴、近松、山東京伝など。
現代では”古典”っとお堅いところに祭り上げられている感もありますが、江戸期には最先端の流行だったこともあるのです。

杉浦さんの本を読んでいると、現代の凝り固まった感覚で江戸期のものを見るのではなく、あくまで当時に寄り添う形でそれらに接する感覚の素晴らしさに気づかされます。

博物館に所蔵されているような、ホコリをかぶったような情報として見るのではない。
あくまで当時のことを、素晴らしさを活き活きと描き出した前向き感にあふれた江戸の本です。


関連記事
『お江戸風流さんぽ道』~四季の暮らしぶり~
江戸の楽しみを知る 『一日江戸人 (新潮文庫)』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。