スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『燃えよ剣』~土方歳三の生き方、死にかた~

燃えよ剣燃えよ剣
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


点と点が結ばれていく


(「BOOK」データベースより)
武州多摩の田舎剣士、近藤勇、土方歳三とその仲間が、清河八郎の率いる幕府徴募の浪士組にまじって京へ上ったのが文久三(一八六三)年の二月。曲折を経て、同じ尊皇攘夷であった志士たちが倒幕へ傾いてゆく時勢のなかで、ひとり近藤、土方の新選組は佐幕の道をつき進み、京都守護の会津藩の先兵となって、池田屋襲撃などを決行し、長州藩、土佐藩ほかの憎悪の的になっていった…。―その新選組を創り上げた土方歳三は、最後まではげしく時流に抵抗し、滅びゆく幕府に殉じた。稀代の漢の生涯を巧みな物語展開で描いた傑作長篇小説。



●鬼の副長

新撰組副長、土方歳三の生涯を描いた傑作。
幕末において、彼が何をなそうとしたのかがわかる。

数年ぐらい前から、歴女というのが話題になっています。
いわゆる歴史好きの女性たち。
戦国武将にあこがれたり、様々な土地を訪ねて歴史への興味を深めるのはいいことです。

そんな彼女たちに人気があるのが、伊達政宗と土方歳三(っとテレビか何かで見ました…)
伊達政宗は、近年のゲームやアニメなどでカッコイイキャラとして描かれ、その影響もあり女性ファンも多いよう。
一方、土方歳三のほうは、実際の写真が残っており、現代人からみてもなかなかハンサム。歴女に好感を得られるのもわかる気がします。

●なんのために切るのか

私は、今までドラマや映画、アニメ、漫画などから、頭の中になんとなくの土方歳三像というものがありました。
クールで、掟に厳しく、剣の達人で…などなど。
どこで生まれ、京都でどう活躍し、北海道のどこで死んだかなどの知識もありました。

しかし私の中にある知識は点と点のみで、結ばれておらず、それによって土方歳三像というものを朧気にしか捉えられていませんでした。

こうして、司馬遼太郎の史実に忠実に描かれた小説を読むとそれらがつながったような気がします。
そこに至る理由と結果。特に、理由を知ることで、土方歳三の人となりが大分わかりました。

今まで見聞きしてきた土方歳三とは、一味違う、生の姿に最も近いであろう土方歳三像。
クールというよりも戦国武将のような、狡猾さや野心、智謀にたけた、ある種の荒々しさ。
冷徹さと、火のような気魄のアンビバレンスさを持ち合わせる、新撰組副長。

この、幕末という時代の流れに、刀の力で逆らい続けた男の姿は、結末はどうであれ、今も人の心を熱くさせます。


関連記事
まことに小さな国が  『坂の上の雲〈1〉』
鯨と日本人  『勇魚 上・下』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。