スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『高橋宣行の発想ノート』~大ベテランの発想法~

高橋宣行の発想ノート高橋宣行の発想ノート
(2012/06/21)
高橋 宣行

商品詳細を見る


抑えておくべき、発想技術


元博報堂制作部長が教える「考える」「アイディアを生む」ための原点。20代で身につけたいオリジナルを創り出す60のルール。 (「BOOK」データベースより)


●博報堂出身の大ベテラン

著者の高橋宣行さんはこの道の大ベテラン。
1968年に博報堂入社。氏が長年仕事で培ってきた発想法を、わかりやすく紹介。

プロフィールに1940年生まれと書かれてありますから、70歳を超えていることになります。
ここで思ったのが、「こんなお年寄りのアイディア発想法なんて約にたつのだろうか?」ということ。

こういう、発想法ものの本というと、まだ若手でアイディアも柔軟に湧き出る、この道の最前線を走っている人の本が書店で幅をきかせています。
または脳科学者などの学者さん系統の発想法。

どちらも、目新しいテクニックや、最新テクノロジーを駆使してアイディアを引き出す方法などが満載。
発想の世界は、新しいもの(最前線を走っている人)の方が良いという思い込みがありました。

読了後、この思い込みは間違いだと気づく。
うん、この本すごく良い!

●基本が大事

とりわけ新しいテクニックや技術、発想法がかかれているというわけではありません。
しかし、基本的に押さえておかなければならない事柄がすごく丁寧に書かれています。

私も大学時代に、授業でこういったことはある程度習いました、おざなりにしていたところもありました。
こうして、丁寧な文章と的確な指摘で読み返してみると、なるほど基本的な事柄をやるということの重要性が伝わってきます。

実用書というよりも、むしろ発想法の教科書といった感じ。
発想、アイディアを出すときの心構えや現場主義など。
古くから言われ続けているようなことでも、改めて高橋宣行さんのような大ベテランの文章で読み直すと、なんか納得させられるものがあります。
なぜなら、この方法で数十年間、素晴らしいアイディアを出し続けてこられたのですから。
効果がなければ、ここに記すはずがありません。

「教える!」というよりも「語る、諭す」といった優しさを感じる文章。
若いものに伝えておきたい、エッセンスを丁寧に丁寧に抽出したというような感じ。
しぜんと、耳を傾けたくなるような語り口です。

いままで、何冊か発想法の書籍は読んできましたが、その中でもトップクラスに役立てられる内容でした。
やっぱ、基本ってのは強いな。新規な方法や奇抜な技術も、長年培われてきたものにはなかなかかないません。
発想法の本を探し求める人には、「とりあえずこれを読んでみてください!!」とおすすめしたくなる一冊でした。


関連記事
アップルの魅力 『Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学』
内容を見極めよう 『秘伝のタレは腐ってる?』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。