スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『自分のアタマで考えよう』~読書で気づく思考の力~

自分のアタマで考えよう自分のアタマで考えよう
(2011/10/28)
ちきりん

商品詳細を見る


そこに思考はあるのかい?

“おちゃらけ社会派”として超人気のブロガーが教える「自分だけの答え」の見つけ方。(「BOOK」データベースより)



●一日の『思考量』を見直してみる

この本も、以前買った『BRUTUS 』で紹介されていたもの。
知識と思考の違いをしっかりと教えてくれます。

例えて言うなら、池上彰さんの本が近いでしょうか。
情報や物事から事実を分析する方法というか。
ただ、与えられたものをそのまま受け取るのではなく、きちんと自分で答えを見つけ出すための技術といった感じ。

政治、経済、国際情勢など様々なニュースが日々飛び込んできますが、はたしてそれをきちんと受け止めているのだろうか。
漠然と受け止めるだけでは、知識だけが溜まっていくばかりで、いつまでたっても新しい物事は見えてきません。
そうではなく、そこから”考える”ことでその裏や本質をつかみだしていくことこそが重要だとあります。
(『知識にだまされない思考の技術』という副題はそのへんからきてました)

いろいろな例をもとに思考や分析のレッスンが紹介されていますが、全体的にちょっと難し目。
いかに普段から思考しなれてないのかが痛感させられました。

●多角的、視覚的に処理する力

本書にもありましたが、一日の流れをグラフにして、そこから思考している時間を抜き出すと…
意外とあんまり考えずに作業をおこなっている時間のほうが長いことに気づかされます。
うーん。。。受け取る情報量は増えているのに、それを処理する思考を怠るのはいかんなぁと改て反省。

様々紹介されているもののなかで、一番感銘をうけたのがグラフの章。
棒グラフと円グラフの使い方や、棒グラフをさらに分解することで見えてくる物事など。

なるほど、情報を多角的に見るのも重要ですが、多角的に分解する技術を持つことで新たことが見えてくることがわかります。
また、視覚化することでより分析しやすい対象として抽出することの意義などもあります。
この章はわりとわかりやすかったので、実生活にも応用していけそう。

まだまだ、私には思考訓練が必要のようですが、それに気づいただけでもこの本を読んだ価値がありました。
そういうことに気づくことができるのも、またひとつの読書の醍醐味。


関連記事
2011年の年の瀬に読みたい雑誌 『BRUTUS (ブルータス) 2012年 1/15号 』
わかってもらう、テクニック 『伝える力2 (PHPビジネス新書)』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。