スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フェルマーの最終定理 (新潮文庫)』~300年間、証明されなかった難問~

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
(2006/05)
サイモン シン

商品詳細を見る


人知ってすごい


17世紀、ひとりの数学者が謎に満ちた言葉を残した。「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない」以後、あまりにも有名になったこの数学界最大の超難問「フェルマーの最終定理」への挑戦が始まったが―。天才数学者ワイルズの完全証明に至る波乱のドラマを軸に、3世紀に及ぶ数学者たちの苦闘を描く、感動の数学ノンフィクション。 (「BOOK」データベースより)


●300年人々を悩ましてきた超難問はどのようにして証明されるにいたったか

300年以上の長きにわたり、数多くの人が挑戦しつつも証明されることのなかった超難問「フェルマーの最終定理」。
その歴史と、超難問を証明するにいたったアンドリュー・ワイルズの記録を描いた、ノンフィクションです。

気になってはいたものの、数学に関する本ということで尻込みしていました。
パラパラとめくっても、ところどころで数式がでてくるし・・・
読みきれるのかどうか不安だったものの、歴史上多くの人を悩ましてきた超難問をめぐる話ということで、ダメ元で読んでみることに。

読んでみると、全然難しいことはありませんでした。
確かに、数式などはでてくるものの、話の進行上必要最低限のものだけ。
しかも、かなりわかりやすく解説がされており、つまづくことなく読み進めることができました。

「フェルマーの最終定理」という、数学上の超難問をめぐる物語。
一見すると、中学校で習うかのような、とてもシンプルな姿をした問題。
(フェルマーの最終定理がどんな問題かはこちら

ところが、これを証明するとなると、どうしてもできない。
歴史上多くの人が挑戦はするものの、結果を出すことができず敗退していきました。
しかし、それら歴史の中でも、一つ一つヒントが発見されていきます。
300年という歴史の中で、リレーでバトンを渡すように、少しずつその真理への道筋は作られていきました。
そして、それら構築された道筋があってこそ、1995年にアンドリュー・ワイルズによってフェルマーの最終定理は攻略されたのです。

●数学で胸が熱くなる

この、多くの人が敗退しつつも、ヒントや筋道を後世に残していったというところで胸が熱くなりました。
結果を残すことができなくとも、次へつなげる何かを残すということは、地味に見えるが重要なことだとあらためて思います。
数学という世界を通じて、歴史をへだてた人間ドラマを見ることができました。

高校のころは嫌で仕方なかった数学。
こういう本を読んで、数学の取り組み方、その世界に生きる人々の姿を知っていれば、また取り組み方も違っていたかもしれません。
小説などの物語でも胸打たれることがありますが、このようなノンフィクションを読むと、「人間」への大きな敬意が湧いてきます。


------------------------------------------------------------------------------

アンドリュー・ワイルズがアイディアを出すために必要なことを語っています。
新しいアイディアにたどりつくためには、長時間とてつもない集中力で問題に向かわなければならない。その問題以外のことを考えてはいけない。ただそれだけを考えるのです。それから集中を解く。すると、ふっとリラックスした瞬間が訪れます。そのとき潜在意識が働いて、新しい洞察が得られるのです。」

集中も大事ですが、リラックスの部分が肝です。超大事。



関連記事
共感覚の世界入門書 『カエルの声はなぜ青いのか? 共感覚が教えてくれること』
『もの食う人びと (角川文庫)』~どんな世界にだって食はつきまとう~

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。