スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゴールデンスランバー 』~大衆心理を指摘する~

ゴールデンスランバー (新潮文庫)ゴールデンスランバー (新潮文庫)
(2010/11/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



ビートルズの名曲とともに


●大衆心理と伊坂作品

『魔王』以来の伊坂幸太郎氏、二冊目。
気にはなっていたものの、読まず嫌いみたいな感じでなんとなく敬遠していた作品。

普段あまり本を読まない友人が、「伊坂幸太郎ってイイぜ!」みたいな感じで、熱をあげておりました。
どうも、周りがそんな状態でなおかつ自分が後続となった場合、いまいちとっつきにくくなるようで。
そういうこともあり、伊坂幸太郎作品はあえて読まないようにしてきた節があり、そろそろ手をだしてみようかなって気に最近ようやくなりました。

『魔王』に続いて『ゴールデンスランバー』。
どちらとも、”大衆”という漠然としたものを上手くつかみだしていると思います。
メディアをはじめ、毎日聞こえてくる「民意」とか「普通」とかそういった大衆心理に属するもの。
気にしなければなんてことはないのだけれど、気にしだすとその正体の見えない大きなものに恐怖を覚えます。
ほんとうに、我々の意思は自由意思なのか。なにかの情報操作や場のノリで意志や思想、行動なんて簡単に変わってしまうものではないのか。
伊坂氏の作品はそういう危険性の指摘、抽出が上手いなぁと感じます。
そういう見過ごしがちな当たり前のものへの”気づき”が得られる部分に、熱狂的なファンがつくのかなと分析してみたり。。。

とんでもない状況に身を置くことになる主人公。
ラストの方。いよいよ自分の行く末が決まるという重要な場面で、ふと聞こえてくる新聞配達のバイクの音。
”「今ここで俺が大変な事態に巻き込まれている時にも、新聞配達人は自分の仕事をこなしている。」”

こういう、ちょっとしたところの描き方。
これ一つで、私の主人公への共感度は一気にあがりました。
ここってちょっと哲学的かも。考えさせられるし、近いことはだれもが感じたことがあるはずだし。
ああ、この人もその他大勢の延長線上のはずなのに。。。ちょっとしたきっかけでこうならないとも限らない恐ろしさ。

普遍性とか当たり前を上手く掴んだ作家は強いなぁと感じます。


関連記事
主体と大衆。 『魔王 (講談社文庫)』

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。