スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方』~実践できるノウハウ~

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
(2010/11/25)
福島 文二郎

商品詳細を見る


夢は努力と熱意でできている


いつ行っても、何度行って素敵な気持ちさせてくれるディズニーランド。
私たちが安心快適に楽しめる要因の一つに、スタッフの対応の良さがあげられます。
そのほとんどはアルバイターであるにもかかわらず、なぜあれだけのプロフェッショナルな対応をしてくれるのか。
ディズニーランドの楽しさの秘密と共に、後進を育成するヒントが沢山詰まった一冊です。

以前行った時にすごいなと思ったのが、清掃係のスタッフが本当に楽しそうに仕事に励んでいる姿でした。
ディズニーランド内では他にも沢山仕事があり、その中では比較的地味目なイメージのする掃除夫。
一般的に考えるなら、仕方なしに作業するスタッフもでてきそうなはずなのに、皆が生き生きした顔で励んでいる。
そういう姿も含めて、パークの夢のような時間を過ごせるのだなと、感心しました

ディズニー内では、どの従業員(バイトも含む)もキャストとという立ち位置で仕事をしているそうです。
あくまでも、ディズニーというショー空間での演者の一人。その概念を打ち出しただけでもディズニーの世界観作りの凄さがあります。

ちなみに、掃除をする人は「カストーディアル」と呼ばれ、清掃とお客様の案内などが主な仕事。
最近テレビなどでも時々紹介されていますが、カストーディアルの方も掃除をいかに美しく楽しく見せるかを工夫しており、それが一つの要素として人気を呼んでいるよう。
これはキャストが独自に生み出し人気を博したもの。そのへんを許容し、キャストに任せる文化もディズニーの魅力のよう。
想像と工夫、そして熱意しだいでどんな仕事でも素晴らしい魅力が含まれていることを示した良い例だと思います。

しかし、著者はこの現象が過熱するのもよくないと指摘。
カストーディアルの仕事はあくまで清掃と案内であり、パフォーマンスの腕を競うようになると本来の趣旨を見失ってしまう。
創意工夫で色々なことをチャレンジすることも素晴らしいが、本来するべきことを常に意識した上でないといけないとも言っています。
このへんの塩梅に、ディズニーにある自由な風土と、それでいて統率のとれたパッケージングのバランスの良さを感じます。
どちらか一方が欠けてしまうと、たちまち変な方向に転がる危うさもありますから。

ディズニーランドだって、一企業。
一企業であるならば、そのシステムはかならず別の所でも応用できるところがあるはずです。
そういう共通項のようなものをまとめた本書は、後進育成に頭を悩ませている諸先輩方の大きなヒントになるかも。

私にも、いずれそういう後進がでてくるはずなので、その時大いに活用したい内容でした。


関連記事
『ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)』 夢を支える努力がある 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。