スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さむがりやのサンタ 』~クリスマスにほんわか。絵本と漫画のいいとこどり~

さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)
(1974/10/25)
レイモンド・ブリッグズ

商品詳細を見る



人間味あふれるサンタの絵本


●小さい頃から大好きな一冊

メリークリスマス。本日はクリスマスです。
みなさん如何お過ごしになられたでしょうか。
私は、普通に仕事な一日でした(こつこつとパソコンに向かっておりました…)。
さむがりなので、ストーブから離れずにこつこつデスクワーク。

それでも、クリスマスというものは浮かれるもの。
私の住むところは田舎の小さな町ですが、スーパーとかでクリスマスソングが流れるとウキウキしてきます。
ちなみに、どちらかといえばイブにウキウキする派。小さい時から24日にケーキとか美味しいものとか食べていたので、今でも25日はあまりピンとこない感じです。
世間的には、今日がおおいに盛り上がるのかな?

さて、そんな私がクリスマスと聞いて思い浮かぶのがこの絵本です。
冬がお仕事シーズンなのに、さむがりだというサンタのお話。
この絵本は漫画形式で進行し、サンタが仕事に向かうクリスマスの一日が描かれています。

小さい頃、サンタを信じている云々は置いておいて、この絵本に描かれている外国の風景に憧れました。
サンタさんが食べているものや、住んでいる家が、身近にないものばかり。
プレゼントを置きに行く家も日本とぜんぜん違う感じ。ちゃんと煙突はあるし、まさしくサンタさんが訪れるにふさわしい家!(煙突なんて、工場か銭湯のものしか見たことがありませんでした)
小さい頃の私にとって、この絵本から大いにカルチャーショックを受けたものでした。

このサンタさんはかなり人間味溢れております。
めんどくさそうに仕事に励むけれど、仕事に誇りは持っている感じ。
何をするにもおっくうそうだし、さむがりだから冬の仕事で愚痴はでるし。
ぶつくさ言いながらも、子供たちからのお礼なんかがあれば、ニコニコ。
善意の塊とはちと違う描かれ方に、ほんとうに身近にいそう。私は大人になってからさむがりになったので、いまではこのサンタさんに親近感すら覚えています。

漫画形式で絵本が進行するので、けっこうおっきくなってもよく読んでいました。
一般的な絵本を想像すると、形式がちがうのでちょっと面食らうかもしれまえんが、これはこれで面白いです。
もちろん、今読んでも十分楽しめます。(ただ、ちっさい頃の落書きが多くて読みづらい…。でもそういうのもあるって、良いものです!)

クリスマスにプレゼントをもらった人ももらわなかった人も。
万人が、素敵な一日になりますように♪

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。