スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『それをお金で買いますか――市場主義の限界』~道徳とか倫理の壁~

それをお金で買いますか――市場主義の限界それをお金で買いますか――市場主義の限界
(2012/05/16)
マイケル・サンデル、Michael J. Sandel 他

商品詳細を見る


なんとも難しい内容。
読みづらいわけではないのですが、判断が難しい事柄が多すぎて。

本書では様々な事柄に市場主義が入り込むことで起こることについて言及しています。
世界にちらばる知識は広大です。あらゆることから、お金を生み出すシステムを作り上げるのですから。

たとえば死を扱った市場。
エイズ患者や末期ガン患者の生命保険を高額で買取り、その人が亡くなった時に保険金を受け取るというもの。
生きているあいだは保険料金を払い続けるので、なるべくその人が早くなくなったほうが儲けが出るという。
倫理的、道徳的にどうなのかと考えますが、患者にとってみれば生きているあいだにお金が手に入るので、双方得なのかとも思わされます。
しかし、物事はそう単純ではありません。
患者が長生きした場合、保険を買い取った人が患者に願うのは何かということ。
患者はたまったものではありません。ここに道徳的問題を考えずにはいられません。

クロサイハンティングというものもありました。
絶滅危惧種のクロサイのハンティング権を大金持ちに売る。
売れたお金は、クロサイの保護活動費に回される。実際にそれでクロサイの頭数は増えているとのこと。
ハンターは己の欲求が満たされる。保護活動費が潤う。絶滅危惧種のクロサイが増える。
一見すればすべてまあるく収まっているように見えるけれど、なにかひっかかるものがあります。
それは道徳的問題。
たとえ市場的に丸く収まっても道徳問題を無視しては、それは成り立っているとは言い難い。
クロサイを殺すということを前提で成立する、それらの市場の道徳性は許されるのかどうなのかということです。

このような感じの事例がたくさん載っていました。
正直、考えても簡単には答えがでないようなものばかり。
でも考えているあいだにも、そのような道徳的問題をはらんだ新たな市場が生まれているはずです。
ある種、人間の創造性の賜物。善悪では簡単に決められない、見かけには成り立っているようにみえるけれども、砂上の楼閣なのかも。
でも道徳を抜きに見れば、人間のしぶとさやひらめきの鋭さに感嘆させられたりする事例さえあります。

著者のマイケル・サンデルさんが、本書の中で野球の中に侵食する市場主義を事例にこう言っています。
「市場の効率性が増すこと自体は美徳ではないということだ。真の問題は、あれやこれやの市場メカニズムを導入することによって、野球の善が増すのか減じるのかにある。これは野球だけでなく、われわれが生きる社会についても問うに値する問題なのだ。」
様々なことがらに市場主義を導入するとき。もっとも考えなければならないことは、このことではないでしょうか。

容易には消化し難い本ですが、常に心の片隅にいれておかねばならない問題をはらんでいます。


関連記事
毒になるテクノロジー iDisorder~21世紀の『沈黙の春』か?~


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。