FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『1Q84 BOOK 1』~まずは1から~

村上 春樹
01 /22 2013
1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る



ちょいと前に流行っていた『1Q84』。
書店に山ほど平積みされて、多くのメディアで取り上げられていたのを覚えています。
社会現象とまではいかなかったけど、それに近いようなものもあったかも。
なんとも、普通の本とは違う扱いだったのが印象的でした。

さて、今になってその本を読んでみることに。
なんというか”機は熟した”というかそんな感じで。
何の機だと問われれば困りますが、あえていうなら読書力あるいは読書量のようなもの。
自分なりに、あるていど冊数をこなしたということで、今回手にとった次第。

面白い本の定義に「先が気になって仕方がない」というものがあれば、間違いなく『1Q84』は当てはまります。
もう、気になって気になってしかたがない。
しかも、次の段階がどうなるのかさっぱり予想もつかず、どんどんどんどんのめり込んでいく感じ。

主人公が男女二人いて、その二人の物語が交互に展開されていきます。
女性パートがすごく気になるところで終わって、次の男性パートへ。
その男性パートも、気になる展開を見せるところで終わり。そしてさっきの続きの女性パートへ。
飽きることのないテンポ。
すごく巧妙にページ作りがなされており、かなりページ数は多いですがだれることなく常に緊張感をもって読みすすめられました。

このBook1(第一巻)では序章です。
とにかく『?』だらけ。これが日常なのかそうでないのか、現実を書いているのか、そうでないのかも読めない。
主人公たちも、現時点で進行している出来事をつかめず翻弄されている感じ。
飛び交う、意味ありげな台詞。芝居がかっているのだけれど、それがすんなり受け入れられる世界観。
こんなタイプの小説は、私の読書経験の中ではなかったので、とにかく引き込まれています。

あの時あれをやっていれば、もしくはしなければ今とは違っていたのに、、、といった類の出来事。
物事は選択の連続で、その結果のみに道ができます。
物語の中でも、常に選択の連続。その選択の決定権は作者の村上春樹氏にだけあります。

作家は物語の方向性を決める決定権をもっています。
それは当たり前のことですが、この『1Q84』ではそれを強く意識してしまいます。
”彼らはいったいどうなってしまうのか?”その思いが常に読んでいる私の心にあるから。

作家というものが、これだけ大きな存在に感じられたのは初めての経験です。

現在、続きを読書中


アップルの伝説的CM『1984』



関連記事
『アフターダーク』~明けて、また暮れて。そして繰り返す~

コメント

非公開コメント

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。