FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『1Q84 BOOK 2』~転換する世界~

村上 春樹
01 /24 2013
1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る



ますます面白い展開になってきました。
主人公である天吾と青豆。二人の世界に共通項が見え始めますが…うーんまだまだ先が読めない。

私にとっては共感を得るようなタイプの小説ではないけれど、それでもなにかの類似点はありそう。
それがなんなのかわからないから、気持ち悪くはあるけれど、それのヒントのようなものが散りばめられた物語。

現在2巻まで読んだ感想。
すごく現実的なんだけれども、ファンタジー的なイメージ。
これは読んでみないと実感できないかもしれませんが、私にとってはまさにそれがぴったり。
でてくることも、実際の出来事をモチーフにしていたり、社会問題を扱っていたり。そういう類になると重苦しくなりがちですが、ぜんぜんそんなイメージはうけません。

すごく重要な社会的問題なはずなのに、ファンタジーで感じるような空気感のようなものが漂っていて、それのおかげですんなりしみこむようです。

例えば、おとぎ話が社会で生きていくための重要な事柄を内包しているようなものなのかな。
寓話というようなものでしょうか。その話の奥に重要な意味が隠されている。ただ、それを直接伝えるよりも、ファンタジーまたは物語といったオブラートに包むことで、効果的に受け入れられ作用するといった感じ。

『1Q84』でも、実際に進行している現実的な出来事はあくまでオブラートで、その裏側に劇薬が仕組まれている気がします。
でもそれが何なのかは、まだよくわかりません。
もしかしたら全部読み終わってもわからないかもしれないし、そんなものはないのかもしれません。
でも今は、それの気配を感じながら、この不思議な物語を読みすすめています。

主人公の一人、天吾の父親の台詞
説明しなくてはそれがわからんというのは、どれだけ説明してもわからんということだ

人それぞれの解釈があるはず。
それを感じながら、続きを読むことにします。


関連記事
『1Q84 BOOK 1』~まずは1から~

コメント

非公開コメント

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。