FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち』~灘中高伝説の教師~

ライフ
03 /01 2013
奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち
(2010/11/29)
伊藤 氏貴

商品詳細を見る



中学校三年間を通して、国語の教材は一冊の文庫本のみ。
型破りの授業ながらも、その後多くの優秀な人材を輩出した伝説の教師、橋本武さん(エチ先生)の教育を学ぶ本。

その一冊の文庫本とは『銀の匙』という本。
橋本先生の話を新聞で読んで、その『銀の匙』を読んだことがありますが、なんとも優しく美しい文章でした。

少年から大人へと移行する、中学生という時期。
多感で、内外ともに様々なものが変化していくことに戸惑い、乗り越えていく時代。
そんな時代だからこそ、最良の一冊を選んだのかもしれません。
しかも、三年間をかけて読み進める超スローリーディング。
徹底的に理解を深めるというその姿勢。それは人生における様々な物事へのアプローチ力や理解力へとつながっていったそうです。

私は本が好きで、年に100~200冊ぐらい読みますが、ほんとうにそれでいいのかと自問。。。
実用書とかビジネス書の類ならば、数をこなしてエッセンスを抽出してけば良いと思っています。
でもこと小説に関しては、もっとスローリーディングにしたほうがいいのではないかと迷いが。
ゆっくり読むということではなしに、もっと理解面での速度のこと。
深く達する前に進んでしまうから、もしかするともったいないことをしているんじゃないかとも思い始めました。

すべての小説をというわけではないけれど、今度なにか一作品を徹底的に読み込んでみるのもいいのかなと考えています。
『銀の匙』でもいいし、なにか他の本でもいいし。
そういう、読書を取り入れるのも良いものでしょう。
(ちなみに、私が一番読み込んでいる本は岡本太郎さんの『自分の中に毒を持て』という本。事あるごとに、読み返す本)


関連記事
淡く綺麗な思い出の世界 『銀の匙』

コメント

非公開コメント

タイトル変更依頼

サイト管理者様
突然のコメントにて失礼します。

ブログのタイトルを下記に変更しましたので、相互リンクのタイトルも変更お願いできますでしょうか。

旧"名言、書評集~活かすための読書"→新"書評集あれこれ~"

運営者 タケゾウ
URL URL:http://takezou022000.blog.fc2.com/
E-MAIL:takezou022000@yahoo.co.jp

タケゾウ様、コメントありがとうございます☆

了解いたしました。変更させていただきます!

リンク貼りました。

図書館男子さん「本読みな暮らしの」のYO-SHIです。先ごろはコメントありがとうございます。

お返事が遅くなり、申し訳ございません。
私のブログの右サイドバーの「リンクリスト」に「よりみち図書館」を加えました。
ご都合の良い時にご確認ください。

YO-SHI様、コメントありがとうございます☆

リンク了承ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします!

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。