FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界一わかりやすいマーケティングの教科書』~企画から販売へ~

実用書
03 /16 2013
世界一わかりやすいマーケティングの教科書世界一わかりやすいマーケティングの教科書
(2011/09/17)
宮永 博史

商品詳細を見る



今年から頑張るぞー!と意気込んでいるマーケティングの本です。
タイトルにずばり「世界一わかりやすい」とありますが…

まだまだ、マーケティングのことがよくわかっていないので、世界一わかりやすいというのに惹かれて読んでみました。
マーケティングはコミュニケーションだ!ということから始まり、様々な事例とともに、よく噛み砕いて説明してくれています。
たどるべきプロセスや、注意しなければならないことなどもしっかりと載っていますし、たしかにわかりやすい本ではあります。

が、いまいち本として読みづらい。
それは文章的、文法的なこととかではなくて視覚的に飛び込んでくる部分。
強調すべき文言は、文字が太くなり、その横に赤い破線が引かれています。
これがめちゃくちゃ読みづらい。
この赤い破線のせいで、見開き全部がなんとなくチラチラしているような感じになり気になります。
一旦気になりだすと、それに気が行ってしまい内容がなかなか頭に入ってきません。
内容的にはわかりやすいし、良いこと書いているはずなのにこの点ではすごく残念。

人によっては気にならない人もいるでしょうが、私にとってはこの部分が致命的にダメでした。
この妙な図示とか強調部分をとっぱらって、新書とか文庫になってくれればもっと好める本になるのに。

そういうものが気にならない人にとっては、たしかに(世界一かどうかは別として)わかりやすいマーケティングの本だと思います。


関連記事
『シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは』~使えそう!~
『100円のコーラを1000円で売る方法』~ストーリーでマーケティング~

コメント

非公開コメント

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。