FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夜と霧 新版』~絶望的な状況で何を見出すか~

ドキュメント
04 /19 2013
夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る


ナチスドイツの強制収容所で、収容者は何を思い、感じ過ごしたか。
絶望的な状況において、人は希望を持つことは可能なのか。
実際に収容者として、その状況を乗り越えた著者による記録。

著者のフランクル氏は心理学者であり、その見地から強制収容所の様子を書いています。
具体的に収容者はどのような心理プロセスを経るのか。そのような中でどうやって自分を保っていくのか。
体験者としての生々しさ、そして学者としての客観性が、当時の用を描き出しています。

食事もろくに与えられずに日々激しい労働を課せられる。
体調を壊そうものなら、即ガス室送りという死と隣り合わせの日々。
想像するのも恐ろしいような状況下が、数十年前に実際に存在したかと思うと、背筋が凍る思いです。

一番感じたのは、人間って強いなってこと。
常識ならば、生きていかれないほどの劣悪な環境。身体的にも精神的にもどん底の状況、しかも救いは見えない。
そのような中でも、人間は生き抜いていくし、見出すべきものが見つかるというところがすごい。

この強制収容所で生き残った人々は、運がよかっただけなのかもしれない。
しかし、それだけではない、重要なものがこの本に刻まれています。

とことん奪われて、奪われて、それでも最後に残っているもの。人間たらしめているもの。
それはひとかけらの良心であるし、前向きな姿勢なのかもしれない。
あるいは、意地のようなものかも。
奪われ尽くされているからこそ、見えてきた真の人間性が垣間見えるようです。

また、その中でも絶望に捕らわれ、生きる意欲をなくす人もでてきます。
そうした時に、著者のフランクルは心理学者の立場としてどうしたか。
視点の変換や、価値観の転換など。そのどれもが絶望的な状況下でおこなわれたということ。
いろいろと削ぎとって、本当に生きることだけを見据えた時に何が見えてくるのか。
万人にとって非常に重要な事柄が込められていました。

私は今回初めて読んで、もっと早くにこの本に出会いたかったと思いました。
もちろん、今読んでも胸に来ること、考えさせられることはたくさんありますが、もっと感受性の強い中学生や高校生の時に読んでおけば、もっと違う受け取れ方がしたでしょう。
『夜と霧』の中には、人間らしさがでてきます。それは良い面だけでなく、残虐な面も。
両方の面があるからこそ、生きるということを主題に置いた時に何が必要なのかも見えてくるはずです。

一度だけでなく、何度か読みたい本。もう数年経ったとき、この本からさらに何を受け取れるか。
私がどれだけ成長できるのか。それが楽しみ。


関連記事
『もの食う人びと (角川文庫)』~どんな世界にだって食はつきまとう~
『神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く』 ~イスラム社会の性~
日本の、とある街角 『釜ケ崎有情 すべてのものが流れ着く海のような街で』

コメント

非公開コメント

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。