FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記 映画『風立ちぬ』を観て、、、

雑記
07 /27 2013
T0016599p.jpg

昨日、宮崎駿監督の最新作『風立ちぬ』を観てきました。
この夏、話題になっている映画の一つ。
田舎の映画館のレイトショーでしたが、結構混雑していました。
前評判で大人向けとのことから、子どもは少なかったです。これはジブリ映画にしては珍しいんじゃないでしょうか。

さてさて、映画の感想。
ネタバレも嫌なので、内容にはあんまり触れませんが。。。
なかなか難しい映画でした。
もやもやーっとしたものが残る感じ。すっきり爽快って類ではなし。
いろいろと考えさせられること、振り返ることの多い映画。
上映が終わって、明かりがついたとき、劇場を包んでいたのは「無言」でした。
一緒にいった友達みんなも「面白かった!」という感想は持っていませんでした。
かといってつまらないわけでもない。んー、、、何なんだろうこの気持ちって感じ。

今までのジブリのノリで行くと、おそらく戸惑うことでしょう。
映画の世界観(歴史)を読み取る、ある程度の知識や経験がなかったらさっぱりわからないかも。
一度見ただけでは、つかみ切ることも消化することも困難な世界が待ち受けています。

内容は、難しいし、シリアスな部分も多いです。
けれども、それを受け止めるアニメーションは素晴らしい。
動く絵画とでも言いましょうか。自然のシーン、都会のシーン、それぞれにその時代、地域の空気感に溢れていて、おそらく実写やCGでは表現しきれない、活き活きとした魅力がありました。
また、キャラクターたちの動きも、繊細。
私は特に、主人公の堀越二郎氏が製図を引くシーンの、手の動き、体の動きに魅了されました。一つ一つの動きがとても丁寧に描写されていて、地味なシーンではあるのですが、主人公の飛行機にかける思いなんかが伝わってきて、「アニメってこんなことまで表現できるのか!」という、感動すらありました。

おそらく、他のアニメーション監督が、同じ内容で映画を作っても、ここまでのものを作り上げることは無理でしょう。
宮崎駿監督だからこそ、ここまでの表現ができるし、この内容、世界観を観客に飲み込ませるだけのものをつくれたのだと思います(消化できるかできないかは別として)。凡庸な監督であれば、最後まで見るのも苦痛な映画になったかもしれません。
それぞれのシーンから、これまでのキャリアで積み上げてきた技術の集大成のような気迫が感じられます。
それは、新しいものでもあり、また懐かしくもあるもの。シーンによってはテレビ時代に培った、情緒であったりとかそんなものすら感じました。

『風立ちぬ』はジブリ作品として見れば面食らうでしょう。
ただ、宮崎駿監督個人の集大成の作品としてみるならば、なるほどと思う部分も多々あるはずです。
私も、内容にはまだまだ消化しきれていない部分は多々ありますが、映画として優れた作品であると思います。
アニメーションという枠を超えた、人物表現。エンターテイメント性よりも芸術性をもった作品だといえます。

こうやって、改めて考えてみるとやっぱり大人向け。
子どもは退屈するだろうな。それでもどんな感想を持つのか気になるところでもあります。
もしかすると、映像の美しさとかに惹かれて、気に入るのかも。

大人でも評価の分かれるところでしょう。
今後、より多くの人が『風立ちぬ』を観て、どのような感想を持つのか。
そしてこの映画が、今後どのような評価を得る作品となっていくのか。
なかなか読めないだけに楽しみです。

風立ちぬ風立ちぬ
(2012/09/13)
堀 辰雄

商品詳細を見る


映画の元となった作品(ここから着想を得て、宮崎監督は原作をつくったようです。※映画の原作は宮崎監督の漫画)
2013年7月27日現在、キンドル版は0円でダウンロードできました。気になる方は是非☆



関連記事
『折り返し点―1997~2008』~宮崎駿監督の熱い思い~

コメント

非公開コメント

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。