FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『忍びの国』~戦国時代の片隅~

和田 竜
08 /27 2013
忍びの国忍びの国
(2008/05)
和田 竜

商品詳細を見る



『のぼうの城』の作者、和田竜さんの作品。
今回は伊賀忍者に焦点をあてた、歴史アクション物。

学校の歴史で習ったのか、習わなかったのか。
織田信長の息子、信雄による伊賀攻めの史実。
天正伊賀の乱というその戦。弱小の伊賀がいかにして織田信雄軍と戦ったのか。
躍動感に満ちあふれた筆致で、その戦が描かれています。

のぼうの城もそうでしたが、弱小の軍が大群を打ち負かすというのはなんともスカッとするものがあります。
圧倒的不利を、技術、知恵、決断力などを武器にして打ち破る。
強大な権力に立ち向かうその姿勢。いま話題の半沢直樹にも見られる、古今東西を通じて普遍的人気を誇るものでしょう。

『忍びの国』の場合もおおよそ、技術、知恵、決断力を武器にして戦ってはいますが、他とちょいと違うのが主人公たちが忍者だということ。
他の忍者物のように、ヒーローのように扱われることはなく、特殊技術を持ったスパイ、暗殺集団のような描かれ方です。
一般的な倫理を持ち合わせておらず、金のために動くという姿勢。
リアルな忍者像がそこにあり、群れることのない彼らがいかにして織田軍と戦ったのか。
その当時の忍者のありようがわかり、また忍術というものがどんなものだったかの描写もあり、忍者というものがどういうものだったかというのが分かったりするところも面白かったりします。

和田竜さんの小説。
時代は戦国時代なんだけれども、キャラクター、特に主人公などは結構現代的に描かれており、堅苦しさがないので気楽に楽しめるところが良い(映画ではそこがひっかかったりしたけれども)。
『忍びの国』の主人公無門の口調もだるそうな現代の若者のごときに描かれており、そのゆるさがなんだか良い。
けれども、いざとなると、伊賀随一の働きを見せるというギャップも主人公としてグッド。
天正伊賀の乱だけを、史実に忠実に描いただけならば、ダレるであろう内容を、この無門というキャラクターの振る舞いや心情がいい味付けをしていて、歴史エンターテイメントとして面白いものに仕上がっています。

『のぼうの城』を観たり読んだりして、面白いと思った人にはおすすめな作品。
歴史ものですが、小説である以上いくらかはフィクションがまじっているのであしからず。


関連記事
『のぼうの城』~映画も原作も面白かった!~

コメント

非公開コメント

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。