FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡』~差別されるもの、あるいはマイノリティー~

サブカル
09 /03 2013
愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡
(2011/11/08)
中村 うさぎ、マツコ・デラックス 他

商品詳細を見る



中村うさぎさんとマツコ・デラックスさんの共著。
お二人の往復書簡形式で展開される、考え方、生き様、そして日本に対しての舌戦。

私が本好きになったのは、中村うさぎさんの作品から。
20年ほど前に、中村うさぎさんは『ゴクドーくん漫遊記』という、今でいうラノベを書いてられました。
当時小学生だった私は、本というものの面白さをそこから知りました。
まさか、中村うさぎさんがラノベ作家からこんな社会派(?)になるとは夢にも思わず。。。

楽に読めるといったものではないですね。
ピリピリしている。
読んでいると、そこまで追い詰めなきゃ、られなきゃいけないのかといった、お二人の厳しい人生が垣間見えます。
これだけのこと体験しなきゃ、こんなこと言えんわなとなっとく。

何も二人共元来毒舌で強いというわけではなし。
もちろん打たれ弱さだってあるし、人と同じ様に悲しみや苦しみがあるわけで。
ただ、二人もそれぞれ生きていた過程において、武器としての強さであり毒舌、または自虐を身につけなければ身がもたなかったんだろうなってのも感じられました。
特に、差別やマイノリティーに対して言及する部分。
社会的マイノリティーを強く感じた二人の言葉からは、多くの人が少なからず感じている、孤独感の真相が伺えます。

自分の考えを忌憚なく相手にぶつける。
「遠慮なく言って」とか言われた経験がある人もいるかと思いますが、なかなかそうは言えないもの。
どこかでブロックがかかって、もごもごしてしまいがち。
相手への遠慮もあるんだろうけど、どこか信頼しきれない部分や、自分を制御しきれない怖さみたいなのがあるんだろうな。
二人の舌戦からは、厳しい中にも相手への絶対の信頼が伺えます。


本書で気に入った言葉を抜粋。

『いいことばかりを虚言して、嘘で盛って生きている人に対しては、あんなにも過敏に反応するくせに、ベクトルは別の方に向いているとはいえ、あえてバカだと思われたい、もっと無頼でありたいと、逆に盛って生きているアタシは、きっとある種の虚言癖なのかもしれない、そう思うのよ。』~マツコ・デラックス~

『「傲慢」こそ悪徳の王よ。』~中村うさぎ~

『孤独への耐性と他者へのリスペクトあってこその「絆」なんだわ。』~中村うさぎ~

『私は長らく「バカ」と「純粋」を混同してて、単なるバカを純粋な人だと勘違いして惚れたりしてきたけど、あんんたを見てるとつくづく思う。本物の「無垢」は、知性なくして成り立たないんだわ!』
~中村うさぎ~

『そう、人間、行くところまで行っちゃったら、あとは這い上がる道しか残ってないのよ。くよくよしているうちは、まだ甘えているのね。もうやけくそで進むしかないじゃない。私たち、生きてるんだもん!』~中村うさぎ~


関連記事
『うさぎとマツコの往復書』~歯に衣着せぬ魂の双子たち~

コメント

非公開コメント

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。