FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『旅の素―さわこのこわさ』~近場から海外まで~

ライフ
10 /01 2013
旅の素―さわこのこわさ旅の素―さわこのこわさ
(1999/06)
阿川 佐和子

商品詳細を見る



10月に入りました。
今日は、今年に入って初栗ご飯食べましたよ。美味しかった~
涼しかったり、一転蒸し暑かったりと、なかなか気候は定まりませんが、確実に秋と冬が近づいています。
味覚とお腹でその気配を感じた夕飯でした。

さて、たけしのtvタックルでお馴染み阿川佐和子さんの著書。
今回は旅の本です。

旅のエッセイ割と好きです。
様々な国や地方のことがその著者の目を通して、伝わってくる。なんだか行って楽しんだ気になれるお手軽感がいいです。
旅のエッセイって物によって重かったり、軽かったりとありますが、阿川さんのはかなり軽め。
国内のちょっとした旅行から、海外の珍道中まで。
肩肘張らず、かといってゆるすぎない阿川節で、ほっこりとした読み応えでした。

秋の入口にちょうどいいような本。
頭も使わないし、様々な旅行地に思いをはせて楽しめるし。
駅弁美味しそうだなとか、海外では気が抜けないなとか、こんなことに気をつけなければいけないのかぁ、、、とか。
一日仕事でみっちり使用した頭に、ちょうどいい柔軟体操といった感じでしょうか。
秋の夜の心地よさとあいまって、「読書の秋を楽しむか~」ってきっかけになるような、気楽な面白さです。

旅エッセイって、けっこうコンセプト的なものが決まっているものが多いですが、この本はあんましそんな感じなし。
とにかく、ころころ訪問地が変わる。日本から世界までころころと。
そこが気楽でいいのかもしれません。ひとつの地域をみっちりというのも、覚えるだけで頭を使いますし。
秋、本でも読んでみるかぁって人はこれぐらいの軽いのから始めてみては?

コメント

非公開コメント

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。