FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 』~続けることの重要性~

新書
11 /26 2013
勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)
(2012/10/26)
梅原 大吾

商品詳細を見る



買ったり負けたり、大体の場合がそれの繰り返しじゃないかと思います。

しかしこの本のタイトルには“勝ち続ける”とある。

いったいどんなもんじゃろかと、興味の惹くタイトル。



著者の梅原大吾さんはプロゲーマー。

格闘ゲームをやってお金を儲けているという希有な存在。

梅原さんが身を置いている世界はシビアなはずです。

負けが続けば、職を失いかねない世界。

そんな世界で勝ちを重ねる梅原さんの思いなどが書かれています。



最初のほうは、ちょっと鼻につく感じ。

幼少期から二十代前半ぐらいまでのことが書かれているのですが、「俺はこんだけやってて、気持ちもこんだけ強いから勝てるんだ!」的なちょっと自慢に感じる部分も。

しかし、これが歳を重ねるにつれて、変化してきます。

そして、その変化した部分が勝ち“続ける”につながるポイントとなってきます。



勝つだけでなく、勝ち続けるためには。

そこには、やはり才能を超えた、努力が不可欠だなってのが見えてきます。

イチローとかでもそうですが、普段の生活、トレーニングがあるからこそ、勝負の場で成果が活きてくる。

しかも、その努力は決して無理して身体を痛めつける物でなく、継続して行えるものでなくてはならない。



結論部分は割とシンプルなところに行き着いたように見えました。

でも良い物ほどシンプルなものなんじゃないでそうか。

継続は力なりを改めて思い直させられました。

コメント

非公開コメント

図書館男子

図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。