スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理にかなった精神論 『残り97%の脳の使い方』

残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~残り97%の脳の使い方【セミナーCD付】 ~人生を思い通りにする!「脳と心」を洗う2つの方法~
(2008/11/12)
苫米地 英人

商品詳細を見る


見えないものは解かっていないモノ


ビジネス書を買うときに参考にさしていただいている読書1万時間さんでとりあげられていた本。
今日買ったのですが、面白くて一日で読んでしまいました。

メインタイトルよりも、サブタイトルの「人生を思い通りにする」
というテーマの方がメインかもしれません。

最新の機能脳科学や認知心理学の立場からの自己啓発書です。
以前読んだ、「原因」と「結果」の法則に近いといいましょうか。
セルフイメージと現状の関係性を理論立てて説明してくれているので非常に納得する部分が多かったです。

--------------------------------------------------------------

感心したことにタイガーウッズの例があります。
ある試合のラウンド。対戦者がパットをはずした時点でウッズの優勝が決まる場面がありました。
普通ならば、パットをはずすことを願うはずですが、ウッズは「入れ!」と願ったそうです。

「はずれろ」と願う場合には、はずれなければ自分は相手に勝てないという心理が内包されています。
ここでウッズが「入れ!」と願ったのは「ここでパットが入らない奴は俺の相手じゃない!」という心理であったからだとあります。
セルフイメージの高いウッズにとって相手のミスを願うようなわずかなネガティヴイメージも、自身の成功の妨げになるのだと無意識で解かっているのでしょう。


自己イメージの作り方、実践の仕方のほかにビジネスシーンでのテクニックなども載っています。
専門用語が多く、「あれ?この言葉なんだっけ。」といったものも多かったです。
逆にそれが”知る”ことの重要性を再認識するいいきっかけになりました。

この記事へのコメント

- 読書で気づいた男 - 2011年03月10日 22:03:01

図書館男子さん
私のブログを参考にして本を読んでいただき、これほどうれしいことはありません。
それに、私のブログまで紹介をしていただきありがとうございます。

タイガーウッズの例は、すごいですね。そこまで自分の実力を信じるというか、勝てる状態をイメージできる気持ち、これが、あのタイガーの強みなのかもしれませんね。

- 図書館男子 - 2011年03月10日 22:18:25

読書で気づいた男さん。コメントありがとございます。

いえいえ、こちらこそいつも面白い本の紹介楽しみにさせていただいています☆
また、面白い本に出会うきっかけになったので本当にありがとうございます!

ウッズの例は目からうろこですね。
一流プレイヤーが一流たる所以なのかもしれません。100%でなくとも見習いたいものです!

トラックバック

URL :

プロフィール

図書館男子

Author:図書館男子
図書館好きの管理人が、様々なジャンルの本を紹介しています。特にお気に入りなのは、江戸、落語、アート、デザイン系の本。相互リンク随時募集中!

検索フォーム
カテゴリ
未分類 (0)
実用書 (71)
デザイン (38)
アート (32)
漫画 (28)
新書 (22)
文庫 (8)
江戸 (13)
落語 (20)
サブカル (10)
幻想的 (9)
ドキュメント (7)
学術 (9)
雑誌 (6)
ライフ (28)
小説 あ行 (16)
アガサ クリスティー (1)
安部 公房 (1)
芥川 龍之介 (1)
有川 浩 (2)
池上 永一 (1)
五木 寛之 (1)
伊坂 幸太郎 (3)
ウィリアム・サマセット モーム (1)
ウィンストン グルーム (1)
江戸川 乱歩 (2)
遠藤 周作 (1)
押井 守 (1)
小説 か行 (4)
カミュ (1)
川村 元気 (1)
貴志 祐介 (1)
ケストナー (1)
小説 さ行 (23)
桜庭 一樹 (1)
佐藤 多佳子 (1)
サン=テグジュペリ (1)
J. R. R. トールキン (1)
J.D. サリンジャー (1)
J‐P・サルトル (1)
志賀 直哉 (1)
C.W. ニコル (1)
司馬 遼太郎 (9)
澁澤 龍彦 (2)
ジャンニ ロダーリ (1)
ジュール・ヴェルヌ (2)
ジョン スタインベック (1)
小説 た行 (14)
ダニエル キイス (1)
太宰 治 (2)
谷崎 潤一郎 (3)
チャールズ ディケンズ (1)
筒井 康隆 (1)
恒川 光太郎 (1)
トーベ・ヤンソン (1)
ドストエフスキー (2)
トマス・H・クック (1)
トルーマン カポーティ (1)
小説 な行 (10)
中 勘助 (1)
梨木 香歩 (4)
夏目 漱石 (2)
南條 範夫 (1)
西尾 維新 (1)
日本児童文芸家協会 (1)
小説 は行 (9)
坂東 真砂子 (1)
ピエール・シニアック (1)
東野 圭吾 (2)
ヘッセ (1)
ヘミングウェイ (1)
星 新一 (2)
堀口 順子 (1)
小説 ま行 (38)
万城目 学 (6)
松岡 圭祐 (1)
三浦 しをん (6)
三島 由紀夫 (1)
三津田 信三 (1)
ミヒャエル・エンデ (1)
宮木 あや子 (1)
村上 春樹 (8)
村上 龍 (1)
森見 登美彦 (12)
小説 や行 (6)
八木沢 里志 (1)
柳 美里 (1)
夢野 久作 (2)
山田 風太郎 (1)
よしもと ばなな (1)
小説 ら行 (2)
リチャード・バック (1)
ロアルド・ダール (1)
小説 わ行 (2)
和田 竜 (2)
取得物@動画など (13)
図書館 (19)
雑記 (22)
購入日 (7)
J. K. ローリング (1)
柳広司 (1)
冲方 丁 (1)
坂木 司 (1)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Twitter
tosyokandanshiをフォローしましょう
カウンター
最新トラックバック
フリーエリア
図書館男子さんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。